日鉄溶接工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日鉄溶接工業株式会社
NIPPON STEEL WELDING & ENGINEERING CO.,LTD.
Shingu Building(Koto-ku,Tokyo,Japan) 14-01.JPG
本社の入居する新宮ビル
種類 株式会社
略称 NSWE
本社所在地 日本の旗 日本
135-0016
東京都江東区東陽2丁目4番2号 新宮ビル
設立 2002年平成14年)7月1日
業種 金属製品
法人番号 9010601041953
事業内容

溶接材料の製造・販売

溶接機器・プラズマ溶接機器の製造・販売

金属管入り光ファイバーの製造・販売
代表者 代表取締役社長:妙中 隆之
資本金 21億円
決算期 3月31日
主要株主 日本製鉄(株) (100%)
主要子会社 (株)NSウェルデックス
NIPPON STEEL WELDING (THAILAND) CO., LTD.
外部リンク http://www.weld.nipponsteel.com/ (日本語)
特記事項:特記のない場合、経営指標は2017年平成29年)3月
テンプレートを表示

日鉄溶接工業株式会社(にってつようせつこうぎょう、英文社名 NIPPON STEEL WELDING & ENGINEERING CO.,LTD.)は、日本製鉄グループ溶接材料・溶接機器メーカーである。

概要[編集]

旧新日鉄グループの日鐵溶接工業と旧住友金属グループの住金溶接工業の両社の溶接部門が会社分割により統合し、2002年平成14年)に発足した企業である。2008年平成20年)に親会社の日鐵溶接工業を吸収合併し、一方で2006年平成18年)に住金溶接工業が解散した。

製品は、溶接作業で使用される材料(溶接材料)と、溶接作業で用いられる産業機械の溶接機器が主体。溶接関連の製品ではないものの、金属管入り光ファイバーの製造も行う。製造拠点は、習志野(千葉県習志野市)・光(山口県光市)の2工場がある。本社東京都江東区にあり、日本国内の8都市に支店を構える。

沿革[編集]

  • 7月1日 - 日鐵溶接工業と住金溶接工業の出資により(出資比率は66.6%および33.4%)、会社設立。
  • 12月31日- 尼崎工場を閉鎖し、光工場に生産を移管。
  • 2006年平成18年)9月27日 - 住金溶接工業の解散に伴い、株主が住友金属小倉に変更。
  • 2008年平成20年)4月1日 - 日鐵溶接工業を吸収合併。
  • 2012年平成24年)10月1日 - 新日本製鐵と住友金属工業の合併により、新日鐵住金の完全子会社に。
  • 2019年(平成31年)4月1日 - 親会社の新日鐵住金が日本製鉄に社名変更に伴い、日鉄溶接工業株式会社に商号変更[1]

主な製品[編集]

  • 溶接装置
  • 溶接ロボット
  • プラズマ溶接装置
  • 金属管入り光ファイバー(通信ケーブル用・センシング用)

子会社[編集]

  • 株式会社NSウェルデックス - 溶接材料・機器他の販売、溶接に関する各種試験・調査解析他。
  • NIPPON STEEL WELDING (THAILAND) CO., LTD. - タイにおいて溶接材料の製造・販売を行う。

脚注[編集]

[ヘルプ]