日顕 (日蓮正宗)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
にっけん
日顕
生誕 (1922-12-19) 1922年12月19日(97歳)
大日本帝国の旗 大日本帝国 東京府東京市本所区
(現・日本の旗 日本 東京都墨田区本所
死没 (2019-09-20) 2019年9月20日(96歳没)
東京都世田谷区
出身校 立正大学仏教学部日蓮学科
職業 宗教指導者 大僧正

日顕(にっけん)は、日本仏教僧侶で、日蓮正宗総本山・大石寺の第67世法主を務めた。阿部姓、阿部 日顕(あべ にっけん)。

略歴[編集]

第60世法主・日開の子息として生まれ、1928年に得度し、1943年に立正大学日蓮学科を卒業、教学部長、総監の要職を経て、1979年8月に法主に就任した。[1]1991年、信徒団体だった創価学会を破門し、1998年5月には創価学会員らの供養で建てられた大石寺・正本堂を解体するなど、創価学会と対立した[2]。2019年(令和元年)9月20日午前7時30分、東京都世田谷区の自宅で死去[3]。96歳没。

訴訟[編集]

シアトル事件・クロウ事件[編集]

1992年6月17日創価新報が「これが邪淫僧・日顕の正体だ!」という記事を掲載。当時学会シアトル支部長の女性信者の証言を唯一の根拠に、阿部氏が29年前の1963年に渡米した際、セックス・スキャンダルを起こしていたとの攻撃を開始した。(しんぶん赤旗H13.2.5)宗門側では「和解」であると公表している一方、創価学会側では機関紙等で大勝利と掲載している[4]

芸者写真問題[編集]

1992年(平成4年)11月、『創価新報』で日顕が「芸者遊び」をし、淫乱・放蕩三昧をしていると掲載した。 日蓮正宗側は、1993年(平成5年)5月、創価学会と池田大作を名誉毀損罪に当たるとして謝罪広告と損害賠償等の支払いを求めて提訴した。第2審で東京高裁(2000年12月5日)は、日顕が原告に名を連ねていないことから、「報道は日顕個人に向けられたものであり、日蓮正宗・大石寺に対する不法行為に該当するということはできない」とし、日蓮正宗側の請求を全て棄却した。日蓮正宗側の上告から3年後、最高裁判所憲法違反等の上告理由に当たらないと宗門側の上告を棄却した。

著書[編集]

  • 百六箇種脱對見拝述記(2007年、(株)大日蓮出版)
  • 寿量品説法(2003年、(株)大日蓮出版) - 2014年に増補版が上下二巻で発刊
  • 観心本尊抄講話 全五巻(2012年(株)大日蓮出版)
  • 妙法七字拝仰 上下(2013年(株)大日蓮出版)
  • 三大秘法義(2015年(株)大日蓮出版)
  • 日蓮大聖人御金言義類別入文集(2015年(株)大日蓮出版)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阿部日顕『真実の証明―これが創価学会のあくなき捏造報道だ』日新報道、2001年
  2. ^ "おくやみ 阿部日顕氏(日蓮正宗前管長・総本山大石寺前法主)". 中外日報. 中外日報社. 2019-09-27. 2019年10月21日閲覧
  3. ^ "阿部日顕氏死去 日蓮正宗前法主". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-09-20. 2018年9月20日閲覧
  4. ^ 2002年2月1日付聖教新聞


先代:
日達
大石寺住職一覧
第67世:1979-2005
次代:
日如