旧制中等教育学校の一覧 (長崎県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
旧制中等教育学校の一覧 > 旧制中等教育学校の一覧 (長崎県)

長崎県における旧制中等教育学校の一覧(きゅうせいちゅうとうきょういくがっこうのいちらん)は、学制改革前(第二次世界大戦前)の長崎県内での旧学制の中等教育学校をまとめた一覧である。

旧制中学校[編集]

公立[編集]

県南[編集]

開校年に関しては、現在各学校で創立年数を数える基準となる年を示す。
長崎市
  • 長崎英語伝習所⇒英語所⇒語学所⇒洋学所⇒済美館⇒広運館⇒第六大学区第一番中学校⇒第五大学区第一番中学校⇒広運学校⇒長崎外国語学校⇒英語学校⇒長崎県立長崎中学校⇒長崎外国語学校⇒長崎県中学校⇒長崎県尋常中学校⇒長崎県長崎中学校⇒長崎県立長崎中学校⇒長崎県立長崎高等学校
  • 長崎県立瓊浦中学校(1922年開校) ⇒ 長崎県立瓊浦高等学校
⇒(上記の2校と長崎県立長崎女子高等学校、長崎市立女子高等学校が統合・分離)⇒長崎県立長崎東高等学校長崎県立長崎西高等学校
開校年は英語伝習所を始まりとすると1858年だが、長崎東高等学校と長崎西高等学校は1948年を基準に創立年数を数えている。
西海市

県央・島原[編集]

大村市
  • 集義館(大村藩藩校) ⇒ 静寿園(大村藩藩校) ⇒ 五教館(大村藩藩校)⇒ 公立大村中学校 ⇒ 私立大村中学校(1884年開校) ⇒ 私立尋常大村中学校 ⇒ 私立尋常中学玖島学館 ⇒ 長崎県尋常中学玖島学館 ⇒ 長崎県立中学玖島学館 ⇒ 長崎県立大村中学校 ⇒ 長崎県立大村高等学校 ⇒ (長崎県立大村女子高等学校・長崎県立大村農業高等学校[1]を統合) ⇒ 長崎県立大村高等学校
開校年は藩校を始まりとすると1670年だが、大村高等学校は私立大村中学校開校の1884年を基準に創立年数を数えている。
諫早市
  • 長崎県立大村中学校諫早分校(1922年開校だが、創立年は後に統合する北高来郡立諌早実科高等女学校開校の1911年としている。) ⇒ 長崎県立諫早中学校 ⇒ 長崎県立諫早高等学校 ⇒ (長崎県立諫早女子高等学校・長崎県立諫早商業高等学校[2]を統合) ⇒ 長崎県立諫早高等学校
島原市

県北・離島[編集]

佐世保市
⇒(上記の3校と長崎県立佐世保女子高等学校、佐世保市立成徳高等学校が統合・分離)⇒長崎県立佐世保北高等学校長崎県立佐世保南高等学校
佐世保北高等学校と佐世保南高等学校は1948年を基準に創立年数を数えている。
平戸市
  • 猶興書院(平戸藩学問所、1880年開校)⇒私立尋常中学猶興館⇒長崎県立中学猶興館⇒長崎県立平戸高等学校猶興館⇒(長崎県立平戸女子高等学校を統合)⇒長崎県立平戸高等学校 ⇒ 長崎県立猶興館高等学校
壱岐市
  • 長崎県立中学猶興館壱岐分校(1909年開校)⇒長崎県立壱岐中学校⇒長崎県立壱岐第一高等学校⇒(長崎県立壱岐第二高等学校を統合)⇒長崎県立壱岐高等学校[4]
五島市
対馬市

私立[編集]

長崎市
諫早市
佐世保市

高等女学校[編集]

公立[編集]

県南[編集]

長崎市
⇒(上記2校と長崎県立長崎高等学校、長崎県立瓊浦高等学校が統合・分離)⇒ 長崎県立長崎東高等学校長崎県立長崎西高等学校

県央・島原[編集]

大村市
  • 東彼杵郡立大村実科高等女学校(1911年開校)⇒東彼杵郡立大村高等女学校⇒長崎県立大村高専女学校⇒長崎県立大村女子高等学校⇒(長崎県立大村高等学校、大村農業高等学校と統合)⇒ 長崎県立大村高等学校
諫早市
  • 北高来郡立諌早実科高等女学校(1911年開校)⇒長崎県立諌早高等女学校⇒長崎県立諌早女子高等学校⇒(長崎県立諫早高等学校、諫早商業高等学校と統合)⇒長崎県立諫早高等学校
諫早高等学校は、前身となる諫早実科高等女学校が旧制諫早中学校よりも早く開校していたため、女学校の開校年(1911年)を創立年数を数える基準としている。
島原市
  • 女子手芸学校(1901年開校)⇒私立島原実科高等女学校⇒南高来郡立島原実科高等女学校⇒長崎県島原高等女学校⇒長崎県立島原高等女学校⇒長崎県立島原女子高等学校⇒(長崎県立島原高等学校、島原商業高等学校と統合)⇒長崎県立島原高等学校
南島原市
  • 私立口之津女子手芸学校(1902年開校)⇒口之津村立口之津女子手芸学校⇒口之津・加津佐両村組合立口加女子手芸学校⇒口之津・加津佐両村組合立口加実科高等女学校⇒長崎県口加高等女学校⇒長崎県立口加高等女学校⇒(男女共学化)⇒長崎県立口加高等学校

県北・離島[編集]

佐世保市
(上記2校と長崎県立佐世保第一高等学校、佐世保第二高等学校、東和高等学校と統合・分離)⇒ 長崎県立佐世保北高等学校長崎県立佐世保南高等学校
平戸市
  • 私立平戸女学校(1903年開校)⇒私立平戸高等女学校⇒長崎県北松浦郡立平戸高等女学校⇒長崎県平戸高等女学校⇒長崎県立平戸高等女学校⇒長崎県立平戸女子高等学校⇒(長崎県立平戸高等学校猶興館と統合)⇒長崎県立平戸高等学校 ⇒長崎県立猶興館高等学校
壱岐市
  • 壱岐郡立壱岐高等女学校(1920年開校)⇒長崎県立壱岐高等女学校⇒長崎県立壱岐第二高等学校⇒(長崎県立壱岐第一高等学校と統合)⇒長崎県立壱岐高等学校
五島市
  • 福江村福江女児実業学校(1909年開校)⇒福江女児実業補習学校⇒福江実業女学校⇒南松浦郡立五島実科高等女学校⇒長崎県五島高等女学校⇒長崎県立五島高等女学校⇒長崎県立五島女子高等学校⇒(長崎県立五島高等学校と統合)⇒長崎県立五島高等学校
対馬市
  • 私立対馬女学校(1908年開校)上下県郡総町村組合立対馬女学校 上下県郡総町村組合立実科高等女学校 組合立長崎県対馬高等女学校 長崎県立対馬高等女学校 長崎県立対馬女子高等学校⇒(長崎県立対馬高等学校と統合)⇒長崎県立対馬高等学校

私立[編集]

長崎市
佐世保市

実業学校[編集]

公立[編集]

県南[編集]

長崎市
  • 長崎県立長崎工業学校(1937年開校)⇒長崎県立長崎工業高等学校
  • 長崎県水産講習所(1908年 平戸に開校)⇒(長崎市に移転)⇒長崎県立水産学校⇒長崎県立長崎水産高等学校⇒長崎県立長崎鶴洋高等学校
  • 長崎英語伝習所⇒英語所⇒語学所⇒洋学所⇒済美館⇒広運館⇒第六大学区第一番中学校⇒第五大学区第一番中学校⇒広運学校⇒長崎外国語学校⇒英語学校⇒長崎県立長崎中学校⇒長崎外国語学校(ここまでは長崎東高等学校・長崎西高等学校の源流と同じ)
  • 長崎区立商業学校(1885年開校)
⇒(上記2校が統合)⇒長崎県立商業学校⇒市立長崎商業学校⇒長崎商業学校⇒長崎市立商業学校⇒長崎市立長崎商業高等学校
  • 長崎市立商業高等補習学校(1922年開校)⇒長崎市立夜間商業学校⇒長崎市立第二商業学校⇒長崎市立長崎第二商業高等学校
  • 長崎夜間中学校(1926年開校、定時制)⇒長崎市立中学校⇒長崎市立高等学校
⇒(上記2校が統合)⇒長崎市立長崎高等学校⇒(長崎県立長崎西高等学校通信制と統合)⇒長崎県立鳴滝高等学校

県央・島原[編集]

大村市
  • 大村市竹松実業学校(1941年開校)⇒大村市立農業学校⇒長崎県立大村農業高等学校⇒(大村高等学校・大村女子高等学校と統合)⇒長崎県立大村高等学校農業部⇒ (分離・独立)⇒長崎県立大村農業高等学校⇒長崎県立大村園芸高等学校⇒長崎県立大村城南高等学校
諫早市
東彼杵郡
島原市
  • 長崎県立島原商業学校(1941年開校)⇒長崎県立島原工業学校⇒長崎県立島原商業学校⇒長崎県立島原商業高等学校⇒(島原高等学校、島原女子高等学校と統合)⇒長崎県立島原高等学校商業科⇒(分離・独立)⇒長崎県立島原商業高等学校

県北[編集]

佐世保市
平戸市

私立[編集]

大村市

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1951年に分離・独立。1955年に長崎県立大村園芸高等学校に改称。1998年には総合学科を設置し、長崎県立大村城南高等学校と改称。
  2. ^ 1956年に分離・独立している。
  3. ^ 1956年に分離・独立している。
  4. ^ 長崎県壱岐中学校が1882年に開校したが、1884年にわずか2年間で廃校。在校生は長崎県長崎中学校へ移管され、以後22年間壱岐に旧制中学はなかった。
  5. ^ 設置認可の段階では学校名は「南松浦郡五島中学校」であった。

関連項目[編集]