旧安田銀行担保倉庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

旧安田銀行担保倉庫(きゅうやすだぎんこうたんぽそうこ)は、群馬県前橋市にある煉瓦造の歴史的建造物。「協同組合前橋商品市場倉庫」(きょうどうくみあいまえばししょうひんいちばそうこ)とも呼ばれている[1]

2004年平成16年)7月23日に国の登録有形文化財に登録された[2]

概要[編集]

1913年大正2年)に群馬商業銀行細ヶ沢出張所付属倉庫として建設された。その後、明治商業銀行を経て保善銀行(後の安田銀行[3]の施設となり、担保品である生糸の保管倉庫、繭乾燥場、銀行出張所として利用された。

年表[編集]

  • 1913年(大正2年) - 群馬商業銀行細ヶ沢出張所の付属倉庫として竣工した。
  • 1951年(昭和26年) - 協同組合前橋商品市場に払い下げられる。
  • 2004年(平成16年) - 国の登録有形文化財に登録される[2]
  • 2012年(平成24年) - ぐんま絹遺産に登録される。

建築[編集]

煉瓦造(床組、小屋組木造)、2階建て、桟瓦葺であり、桁行54.540メートル×梁間10.908メートル、建築面積は693平方メートル、延床面積1,179.014平方メートルである。基礎の布石は「安山岩切石」で、概ね幅910ミリメートル×高さ300ミリメートルを1段据え。

煉瓦は日本煉瓦製造会社製でイギリス積みを採用し、煉瓦を接着させる目地は、東京駅建設工事にも用いられた、高度な職人技術を必要とする「覆輪目地」と呼ばれる特別な仕上げである。煉瓦の寸法は225ミリメートル×108ミリメートル×58ミリメートルで、JIS規格(210ミリメートル×100ミリメートル×60ミリメートル)と比較すると大版であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 群馬県教育委員会『群馬県近代化遺産総合調査報告書』、1992年。
  2. ^ a b 旧安田銀行担保倉庫(協同組合前橋商品市場倉庫) - 国指定文化財等データベース(文化庁)、2019年11月28日閲覧。
  3. ^ (株)明治商業銀行 - 銀行変遷史データベース、銀行図書館、2019年11月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 群馬県教育委員会『群馬県近代化遺産総合調査報告書』1992年(平成4年)
  • 前橋市教育委員会『文化財調査報告書』1994年(平成6年)
  • 村田敬一『シルクカントリー群馬の建造物史』2009年(平成21年)
  • 前橋工科大学『ぐんま建築ガイド』2015年(平成27年)
  • 前橋商工会議所『製糸の都市前橋を築いた人々』2018年(平成30年)

関連項目[編集]