旧徳島城表御殿庭園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
築山泉水庭
枯山水
右に徳島城博物館

旧徳島城表御殿庭園(きゅうとくしまじょうおもてごてんていえん)は、徳島県徳島市徳島町城内徳島中央公園内にある庭園である。千秋閣庭園とも呼ばれている。

概要[編集]

枯山水の庭と池泉回遊式の庭園で、江戸時代初期に武将で茶人の上田宗箇によって造られた豪壮な石組みによる桃山様式の庭。 日本の名勝に指定されており、徳島駅から徒歩ですぐの徳島城博物館の隣に位置する。また中央公園内には他にも鷲の門などがある。

データ[編集]

所在地・交通アクセス[編集]

  • 交通アクセス - JR徳島駅 徒歩8分
  • 所在地 - 徳島県徳島市徳島町城内

関連項目[編集]

座標: 北緯34度4分25.02秒 東経134度33分21.93秒 / 北緯34.0736167度 東経134.5560917度 / 34.0736167; 134.5560917 (旧徳島城表御殿庭園)