旧草嶺トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
旧草嶺トンネル
Old Caoling Tunnel
中華民国(台湾)文化資産
Old Tsau Ling Tunnel.jpg

登録名称 舊草嶺隧道
種類 其他
等級 県定古蹟
古蹟登録
公告時期
2004年7月15日[1]
位置 台湾新北市貢寮区宜蘭県頭城鎮石城の境界
建設年代 大日本帝国の旗 1924年大正13年)10月9日
材質 赤レンガ
詳細登録資料
草嶺トンネル(廃止)
概要
路線 宜蘭線
位置 新北市貢寮区宜蘭県頭城鎮
座標 北緯25度00分14.2秒 東経121度57分29.9秒 / 北緯25.003944度 東経121.958306度 / 25.003944; 121.958306座標: 北緯25度00分14.2秒 東経121度57分29.9秒 / 北緯25.003944度 東経121.958306度 / 25.003944; 121.958306
(座標は福隆側入口)
現況 廃止(自転車道として運用中)
系統 台湾鉄路管理局
起点 貢寮区福隆里
終点 頭城鎮石城里浜海路七段
駅数 0
運用
開通 1924年12月1日
閉鎖 1986年1月8日
改築 2007年
所有 台湾鉄路管理局→宜蘭県政府文化局
管理 台湾鉄路管理局→東北角及宜蘭海岸国家風景区中国語版管理処
通行対象 鉄道→自転車・歩行者
技術情報
全長 2,167m
軌道数 単線
軌間 1,067mm
電化の有無 非電化
テンプレートを表示

旧草嶺トンネル(きゅうそうれいトンネル、きゅうツァオリントンネル、繁体字: 舊草嶺隧道)は台湾新北市宜蘭県境にある全長2,167メートル単線非電化の鉄道トンネル。日本統治時代1924年大正13年)10月9日台湾総督府鉄道(現台湾鉄路管理局、以下台鉄)宜蘭線上に開通し、当時は東南アジアで最長の鉄道トンネルだった[1]。複線電化に伴う新ルート開通後は旧草嶺自転車道(繁体字: 舊草嶺自車道)というサイクリングロード)として再活用されている。

歴史[編集]

開通まで[編集]

旧草嶺トンネルは台湾鉄路管理局東部幹線宜蘭線)の福隆駅石城駅の間に位置し、1921年12月に着工した。鹿島組(現鹿島建設の前身)によって南北同時に施工が始まり、1924年10月9日に竣工した。このトンネルは宜蘭線の重要区間であり、台湾総督府交通局鉄道部は同年11月30日に全線開業式典を開催し、翌日12月1日に正式に単線非電化で営業運転を開始した。同日に貢寮庄停車場(現貢寮駅)と澳底停車場(現福隆駅)も開業している。

日本統治時代においてこのトンネルは台湾最長の鉄道トンネルだった。建設中はマラリアが流行しただけでなく交通も不便(当時の宜蘭線北段の終点は双渓駅)であり、掘削期間中は作業事故やその他災害で死傷者が続出し、工期が長引いた。死亡者は11名(4名は台湾人、7名は日本人)、負傷者が366名を数え(350名が台湾人、16名が日本人)[2]、宜蘭地方の交通事情改善に伴う少なからぬ代償となった。宜蘭線が完工、開通時に台湾日日新報の記事見出しが『血と魂の結晶』であり[2]、そこからは尊い生命の形容とそれに対する哀悼の意が読み取れる。

完工前に疾病で殉職した日本人技師で現場監督の吉次茂七郎を追悼すべく[3]、トンネルの完工時は工事関係者有志により、北側入口から約90メートルの線路際に『故吉次茂七郎君之碑』が建立された[4][5]地図)。2016年には吉次の子孫が日本から現地を訪問している[6]

廃止[編集]

草嶺トンネルは開通後約50年にわたって台北と宜蘭を結ぶ重要な交通手段の役割を担ってきた。1979年北廻線が開業するまでに台鉄は既に宜蘭線を縦貫線と北廻線を連結する重要幹線とみなし、将来の輸送力飽和も見据えて複線化を急ぐことになった。台鉄は台湾省政府に『宜蘭線鉄路複線化工程』計画を提出し、1979年12月に行政院の認可を得た[7]。複線化事業は将来の電化を見据え、トンネル区間でも上方に電車線を敷設させるための余裕空間をもたせることになった。草嶺トンネルはこの電化対応の基準を満たす高さではなく、並行して「新草嶺トンネル」を建設することになった。新草嶺トンネルは1985年に完工開通し、旧トンネルは鉄道トンネルとしての使命を終えて閉鎖された。

故吉次茂七郎君之碑.JPG 舊草嶺隧道內部.JPG
故吉次茂七郎君之碑 旧草嶺トンネル自転車道内部

自転車道として再生へ[編集]

廃止後22年間放置されてきたが、2007年に遊歩道として一般開放[8]、翌2008年8月10日には「旧草嶺隧道自転車道」として再開通[9][10]2011年には全長20kmの「旧草嶺環状線自転車道」として東北角自転車道中国語版の一部に組み込まれ[11][12]、現在は台湾本島を一周する自転車道「環島1号線」の一部を構成しサイクリングの名所となっている。

なお、通行できるのは8:30~17:00までの時間帯となっている。

建築[編集]

本トンネルは全て赤レンガ造りで、入口上部のパラペットには石造りの装飾が施されている。全体の構造はシンプルで、華美な装飾はない。開口部は五重の赤レンガによるアーチ、その上方には扁額が施されている。北側(八堵方)には篆刻による草書体で『制天險』と刻まれ、揮毫は当時の総督府鉄道部部長だった新元鹿之助中国語版によるもの[13]。南側(蘇澳方)は総督府の総務長官だった賀来佐賀太郎による揮毫『白雲飛處』がある。この題字は自転車道開通当時、交通部観光局が当時の文献を調査した解釈として『國雲飛處(国雲飛処)』という説を推したが、あまりに達筆なため市民によって頭文字が「國」か「白」で論争が起きた。2011年当時の中華民国交通部部長だった毛治国による考証で「白」説に決着した[14]

トンネル断面は当時の伝統的な山型で、完工時の排水を意図して中央部ほど高く開口部へ緩い下り傾斜となっている。斜度は1.52-10パーミルの間[15]。また、トンネル内は南側出口の一部にカーブがある以外は大部分が直線で構成されている

舊草嶺隧道自行車道-5.JPG 舊草嶺隧道福隆端入口.JPG
南側(石城方)入口 北側(福隆方)入口


交通[編集]

  • 福隆駅からレンタサイクルまたはバス(新北市公車中国語版F836路)で「舊草嶺隧道[新巴士]」下車
  • 石城駅から東へ徒歩約20分、またはバスで「隧道前」下車

出典[編集]

  1. ^ a b (繁体字中国語)行政院文化建設委員會文化資產總管理處籌備處”. 2010年9月9日閲覧。
  2. ^ a b 台湾日日新報》,大正13(1924)年11月30日,第8818號(宜蘭線全通紀念號)
  3. ^ 現地レポート:台湾、2011自転車フェスティバルとサイクリング観光2012-01-20,トラベルビジョン
  4. ^ 《職員録》(大正12年度),台湾総督府鉄道部,1923年11月15日
  5. ^ (繁体字中国語)故吉次茂七郎君之碑記
  6. ^ (繁体字中国語)吉次茂七郎監造舊草嶺隧道 曾孫女來台尋根2016-03-30,自由時報
  7. ^ 交通部交通研究所:《交通年鑑》,1981年版。
  8. ^ (繁体字中国語)舊草嶺隧道丟丟銅行走之旅 熱鬧展開2007-06-02,大紀元
  9. ^ (繁体字中国語)舊草嶺隧道自行車道明上午啟用2008-08-09,大紀元
  10. ^ (繁体字中国語)第四章 觀光資源開發與管理 第二節 國家風景特定區建設與經營管理 97年観光局年報
  11. ^ (繁体字中国語)組圖:舊草嶺線單車道啟用 民眾好樂2011-10-30,大紀元
  12. ^ (繁体字中国語)東北角「旧草嶺環状線自転車道」完工2011-12-22,臺灣觀光年歷(交通部観光局
  13. ^ 鉄道見学で台日関係史を学ぼう2013-07-19,Taiwan Today
  14. ^ 草嶺トンネルの題辞は「”白”雲飛處」2011-10-30,フォーカス台湾
  15. ^ 《台湾日日新報》,〈工事の概況〉,大正13(1924)年11月30日,第8818號(宜蘭線全通紀念號)

関連項目[編集]