早月川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
早月川
早月川
伊折橋から早月川上流を望む
水系 二級水系 早月川
種別 二級河川
延長 27[1] km
平均流量 -- m³/s
流域面積 134[2] km²
水源 剱岳
水源の標高 -- m
河口・合流先 富山湾
流域 富山県
テンプレートを表示

早月川(はやつきがわ)は、富山県を流れる二級河川。早月川水系の本流である。旧称は延槻川(はいつきがわ)[1]

地理[編集]

富山県中新川郡上市町の南東に位置する剱岳とする白萩川立山川合流し早月川となる。北西に流れ、滑川市魚津市の境界から日本海に注ぐ。平均勾配8.3%[2]の急流である。

富山県の七大河川(黒部川片貝川、早月川、常願寺川神通川庄川小矢部川)の一。

河口部には早月川河川敷の水溜りという名の池がある。

主な支流[編集]

歴史[編集]

万葉集に記される。 大伴家持 家持卿の詠める。 「立山(たちやま)の雪し消(く)らしも延槻(はひつき)の河のわたり瀬あぶみ漬かすも」(巻十七 4024)

この延槻河が、現在の早月川であると考えられる。

河口付近では元々は住吉村(現:魚津市住吉地区)と三ケ村(魚津市三ケ)の間を流れていたが、洪水により三ケ地区を分断する現在の位置に流れを変えた。現在では、三ケの地名はは魚津市と滑川市の両市に存在する[2]

1883年には、オランダ土木技師ローウェンホルスト・ムルデルが河川改修に備えた実況調査のため早月川を調査、その際「これは川ではない、滝だ」という発言を残している。なお、前述の台詞は長年同じオランダ人土木技師のヨハニス・デ・レーケの発言かつ常願寺川を指していたという説が有力であったが、2020年にムルデルが早月川を指して発言したものと裏付けられた[3]

生態系[編集]

早月川は伏流水により水温が極めて低いため、河口にもイワナが生息する。本流は水量が不安定でしばしば渇水を起こし、生態系に大きな撹乱を与えるが、小早月川など一部の支流は水量が安定しており、魚類の貴重な避難所となっている[4]

流域の自治体[編集]

富山県
中新川郡上市町滑川市魚津市

主な橋梁[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 角川日本地名大辞典 16 富山県(昭和54年10月8日、角川書店発行)695ページ
  2. ^ a b c 『魚津の水循環 "水の恵み"を守り 育み 活かすために』(2012年3月、魚津市民生部環境安全課発行)9ページ。
  3. ^ 『北日本新聞』2020年8月16日付1面『常願寺川「これは川ではない、滝だ」デ・レイケ発言 実は別人 県に議事録 論争決着か』より。
  4. ^ 2010・2011 年 早月川の魚類調査 魚津水族館

関連項目[編集]