早来ファーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地図

早来ファーム(はやきたファーム)は、北海道勇払郡安平町早来富岡317-1に所在する競走馬の中期育成牧場[1]社台グループに属する。

概要[編集]

社台グループ吉田照哉社台ファーム代表)・吉田勝己ノーザンファーム代表)・吉田晴哉追分ファーム代表)が共同経営する有限会社社台コーポレーションの一部門であり、当歳の離乳後から本格的な騎乗調教が開始される1歳夏過ぎまでの約1年間の育成、馴致を行う牧場である。その役割は「競走馬小学校」と表現される[1]。面積は50ha[2]

社台コーポレーション白老ファームの生産馬のほぼ全頭が早来ファームで中期育成を受ける。その他、社台ファーム、ノーザンファーム、追分ファームの生産馬の一部も預託される[3]。代表的な育成馬には三冠馬オルフェーヴルやその父ステイゴールド、国内外でG1・3勝のジャスタウェイなどがいる[1][4]

出典[編集]

  1. ^ a b c 重賞ウイナーレポート特別編~ジャスタウェイ・ドバイデューティフリー(G1)”. 競走馬のふるさと案内所 (2014年5月7日). 2019年8月22日閲覧。
  2. ^ 社台スタリオンステーション”. Sunday Thoroughbred Club. 2019年8月22日閲覧。
  3. ^ 会社概要”. 社台スタリオンステーション. 2019年8月22日閲覧。
  4. ^ 久々のブログは久々の北海道取材から”. 優駿オフィシャルウェブサイト (2011年5月12日). 2019年8月22日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯42度44分46.4秒 東経141度44分32.5秒 / 北緯42.746222度 東経141.742361度 / 42.746222; 141.742361