早桃さつき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

早桃 さつき(さもも さつき、5月17日生)、元宝塚歌劇団月組の娘役。

東京都江東区、富士見丘高等学校出身[1]。身長159cm[1]。愛称は「さつき[1]

来歴[編集]

2007年4月、宝塚音楽学校入学。95期生

2009年4月、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は30番[2]。宙組公演『Amour それは…』で初舞台。その後、月組に配属。同期には実咲凜音愛希れいか妃海風礼真琴朝美絢桜木みなとらがいる。

2018年5月6日、『カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-/BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』をもって、宝塚歌劇団を退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

[3]

  • 2009年10月-12月: 『ラスト プレイ-祈りのように-/Heat on Beat!(ヒート オン ビート)』
  • 2010年4月-7月 : 『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』
  • 2010年9月-11月: 『ジプシー男爵-Der Zigeuner Baron-/Rhapsodic Moon(ラプソディック・ムーン)』
  • 2010年12月:『STUDIO 54』(ドラマシティ・東京特別)少年アンドレス
  • 2011年3月-5月: 『バラの国の王子/ONE-私が愛したものは…-』
  • 2011年7月-10月 : 『アルジェの男』新人公演:カトリーヌ(本役:舞乃ゆか)/『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』
  • 2011年11月-12月 : 全国ツアー『我が愛は山の彼方に』/『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』
  • 2012年2月-4月: 『エドワード8世-王冠を賭けた恋-』新人公演:ルイーズ・ブルックス(本役:咲妃みゆ)/『Misty Station-霧の終着駅-』
  • 2012年6月-9月: 『ロミオとジュリエット
  • 2012年10月-11月:『春の雪』(バウ・東京特別)たけ
  • 2013年1月-3月: 『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』新人公演:カメリア(本役:愛風ゆめ
  • 2013年5月:『月雲(つきぐも)の皇子(みこ) -衣通姫(そとおりひめ)伝説より-』(バウ)皐(さつき)
  • 2013年7月-10月:『ルパン -ARSÈNE LUPIN-』/『Fantastic Energy!』
  • 2013年11月-12月: 全国ツアー『JIN-仁-』楓(くノ一)/『Fantastic Energy!』
  • 2013年12月:『月雲(つきぐも)の皇子(みこ) -衣通姫(そとおりひめ)伝説より-』(銀河劇場)皐(さつき)
  • 2014年3月-6月: 『宝塚をどり』/『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』)/『TAKARAZUKA 花詩集100!!』新人公演:第7場~8場/扇の女(本役:花陽みら
  • 2014年7月-8月: 博多座公演『宝塚をどり』/『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』/『TAKARAZUKA 花詩集100!!』
  • 2014年9月-12月:『PUCK(パック)』ミリー、新人公演:ジャスパー夫人(本役:真愛涼歌)/『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』*2015年1月-2月:『Bandito(バンディート) -義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-』(バウ・東京特別)サルヴァトーレ・ロンバルド
  • 2015年4月-7月:『1789-バスティーユの恋人たち-』
  • 2015年9月:宝塚バウホール公演『A-EN(エイエン)』(ARI VERSION)メイベル(女子生徒)
  • 2015年11月-2016年2月:『舞音-MANON-』『GOLDEN JAZZ』新人公演:水の精霊[運命のダンサー]
  • 2016年3月-4月:全国ツアー『激情-ホセとカルメン-』『Apasionado!!III』
  • 2016年6月-9月:『NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-』『Forever LOVE!!』かすみ(帰蝶の家臣)
  • 2016年10月-11月:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ/文京シビックホール公演『アーサー王伝説』
  • 2017年1月-3月:『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲(ロンド)』メイド
  • 2017年4月-5月:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ/TBS赤坂ACTシアター公演『瑠璃色の刻(とき)』トゥルゼル公爵夫人

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『宝塚おとめ 2013年度版』阪急コミュニケーションズ、2013年。ISBN 978-4-484-13506-9
  2. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、121ページ。ISBN 9784484146010
  3. ^ 公演バックナンバー 舞台歴に関しては、公式サイトを参照・引用