早稲田大学商学部入試問題漏洩事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

早稲田大学商学部入試問題漏洩事件(わせだだいがくしょうがくぶ にゅうしもんだいろうえいじけん)は、1980年昭和55年)に早稲田大学商学部入学試験問題が事前に漏洩し、不正に合格した学生や漏洩に関与した関係者が処分を受けた事件。

概要[編集]

1980年2月24日に行われた早稲田大学商学部の入学試験問題が、後日になって事前に外部に漏洩していたことが判明する。試験当日に試験官として立ち会った学生数人が、試験前の2月12日に自分たちが都内の学習塾から依頼されて作成した模範解答の中の問題と、試験当日の実際の入試問題が酷似していることに気づいた。学生たちはすぐに教員に報告し、早稲田大学の教授会はこの事態を重く見て、すぐに調査に乗り出した[1]

大学側が学生たちの指摘する当該の試験問題と当日の入試問題を照合したところ、社会科の問題が一字違わず一致していたため、「事前に問題が漏洩していた可能性が高い」と判断した。学生は学習塾の責任者から模範解答の作成に対して謝礼を受け取っていたが、これが早稲田大学商学部の実際の入試問題であることは知らなかった[1]

3月6日、毎日新聞が早稲田大学の入試問題の漏洩を紙面に掲載すると、3月7日、商学部の合格発表の当日、早稲田大学は緊急の記者会見を開き、事態の真相究明に乗り出すことを明らかにした。早稲田大学のキャンパスでは、在学生が抗議の看板を立てた[2]

大学および密告を受けた毎日新聞が極秘に調査を進めた結果、入試問題の漏洩に関わった重要人物として、学習塾に問題を持ち込んだ張本人とされる元高等学校の男性教諭にたどり着いた。元男性教諭は、定年後は都内の企業に勤務していたが、一部の保護者たちから懇願されたことがきっかけで、裏口入学の斡旋を行っていることを告白した[3]。しかも、元男性教諭は一部の早稲田大学職員たちと共謀して「裏口入学斡旋グループ」を作り、長年にわたって早稲田大学の入試で不正行為をおこなっていた。

早稲田大学商学部の入試問題は印刷所で、監視を命じられた男性職員によって盗難されていた。職員は問題用紙を抜き取ってロッカーに保管し、厳戒態勢が解かれてから外部に持ち出して大学職員に手渡していた[3]。そして、その盗んだ入試問題は学習塾に流れ、その模範解答が作成された。この時、本来の予定では、模範解答の作成は東京大学の学生がすることになっていたが学生側の都合によりそれができなくなり、急遽、早稲田大学の学生が模範解答の作成をすることになった。そして、今回の入試問題の漏洩が発覚した。[要出典]

警視庁は、裏口入学斡旋グループの中心であった大学職員2名と、元男性教諭、および印刷所の職員を、窃盗の容疑で逮捕した。早稲田大学はその入試問題を不正に入手した受験生9人の合格を取り消した。さらに大学は過去にさかのぼって調査し、卒業生42人と在学生13人が、同グループの斡旋で不正入学していることが判明した。早稲田大学は、不正入学と認定した学生全員の入学を取り消し、学籍抹消の処分を下した[3]

3月11日には漏洩事件に介在していたとして、教育学部教授であった市原康允が解任され、3月13日には商学部長であった田中喜助が引責辞任した。3月22日には早稲田大学総長室調査役であった人物が電車に飛び込み自殺している[4]3月24日には教育学部長が引責辞任した[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “3月6日朝刊”. 毎日新聞. (1980). 
  2. ^ “【今日は何の日】早大入試問題漏えい事件”. 産経フォト. (2015年3月7日). https://www.sankei.com/photo/daily/news/150307/dly1503070001-n1.html 2018年8月28日閲覧。 
  3. ^ a b c ザ!世界仰天ニュース|2011/01/19(水)21:00放送|日本テレビ”. TVでた蔵. 2018年8月28日閲覧。
  4. ^ (社)共同通信社『共同通信社年表』(1996.06)”. 渋沢社史データベース. 2018年8月28日閲覧。
  5. ^ 早大教育学部長が辞任 (コード 2017120600195) の報道写真”. 共同通信イメージリンク. 2018年8月28日閲覧。

関連項目[編集]