早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
Tsubouchi Memorial Theatre Museum.jpg
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館の位置(東京都区部内)
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
東京都区部内の位置
施設情報
専門分野 日本および世界の演劇
管理運営 早稲田大学
開館 1928年10月
所在地 169-8050
東京都新宿区西早稲田1-6-1
位置 北緯35度42分35.9秒 東経139度43分10.2秒 / 北緯35.709972度 東経139.719500度 / 35.709972; 139.719500座標: 北緯35度42分35.9秒 東経139度43分10.2秒 / 北緯35.709972度 東経139.719500度 / 35.709972; 139.719500
外部リンク enpaku 早稲田大学演劇博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
早稲田大学校内における位置

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館(わせだだいがくつぼうちはかせきねんえんげきはくぶつかん)は、東京都新宿区早稲田大学構内にある博物館。公式な通称(略称)はエンパク(enpaku)[1]。他に演劇博物館(えんげき はくぶつかん)、演博(えんぱく)[2]とも略される。

概要[編集]

アジアで唯一、演劇を専門的に扱う博物館として知られる[3]

雑誌『早稲田文学』の成立に貢献した英文学者坪内逍遥古稀と、彼の1909年明治42年)から19年間の歳月をかけた『シェークスピヤ全集』全40巻の翻訳事業の完成を記念して、1928年昭和3年)10月に早稲田大学早稲田キャンパス内に設立された。以来、演劇博物館には日本国内はもとより、世界各地の演劇・映像の貴重な資料を所蔵しており、錦絵4万8000枚、舞台写真40万枚、図書27万冊、チラシ・プログラムなどの演劇上演資料8万点、衣装・人形・書簡・原稿などの博物資料15万9000点、その他に貴重書や視聴覚資料など、約100万点におよぶ演劇に関連する膨大なコレクションを有する[3]

所蔵図書等は長くコピー禁止であったが、鳥越文蔵館長時代の1990年代からコピー可能になった。『演芸画報』『テアトロ』『歌劇』などの演劇雑誌が閲覧室に開架で置かれている。

建物の設計者は今井兼次で、16世紀に存在したイギリスの劇場「フォーチュン座」を模して設計されている。1987年(昭和62年)には、新宿区有形文化財にも指定されている。

近年は2002年より21世紀COEプログラムグローバルCOEプログラムなどの研究拠点にも選ばれ、演劇研究センターとして国際的にも注目を集めている。研究成果を発表する媒体として『演劇研究』(演劇博物館紀要)が1965年より刊行されている。2009年(平成21年)度より、共同利用・共同研究拠点に指定されている。

博物館の正面横には「講義中の逍遙」と題した長谷川栄作による逍遙の銅像がある。その右手と握手をすると「早稲田大学に合格する」「語学の成績が上がる」という言い伝えがあり、受験シーズンには握手をするために受験生が列を作ることで知られている[4]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ごあいさつ 早稲田大学演劇博物館 2017年5月14日閲覧
  2. ^ 『現代演劇と演劇博物館 ―早稲田の「演博」を事例として―』早稲田大学坪内博士記念演劇博物館副館長・秋葉裕一(Yomiuri Online)2012年6月10日閲覧。
  3. ^ a b enpaku 早稲田大学演劇博物館 | 当館について”. enpaku 早稲田大学演劇博物館. 2019年10月15日閲覧。
  4. ^ 早稲田学生も知らない?早稲田大学演劇博物館(エンパク)は入場無料の贅沢空間だった。” (日本語). 高田馬場新聞. 2020年2月3日閲覧。