早稲田大学短歌会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

早稲田大学短歌会(わせだだいがくたんかかい)は、早稲田大学の学生が中心になって創設した短歌会である。「早稲田短歌会」、「わせたん」とも呼ばれる。現会長は、芥川賞三島賞作家でフランス文学者堀江敏幸早稲田大学教授(2009年平成21年)4月より)。前会長は短歌会OBで歌人佐佐木幸綱早稲田大学名誉教授。

概要[編集]

早大教授であった窪田空穂の指導の下、学生の都筑省吾、稲森宗太郎らが短歌の勉強会である「水曜会」を結成し、1926年大正15年)、歌誌「槻の木」を創刊。これが、早稲田大学短歌会の母胎となる。

「槻の木」自体は都筑を主宰とする短歌結社として成長を遂げるが、早大内での学生短歌会は継続され、第2次大戦下においても武川忠一らにより活動は維持された。1951年昭和26年)、篠弘来嶋靖生、原田清らが機関誌「早大短歌」を創刊、後に「早稲田短歌」に改名された。

同年、東京大学東京学芸大学学習院大学國學院大學駒澤大学共立女子大学などの学生短歌会とともに、大学歌人会を結成。合同歌集『列島』、『青年』などの刊行に参加した。

1962年(昭和37年)、佐佐木幸綱が「早稲田短歌」とは別に、機関誌「27号通信」を発行(27号とは、当時の部室番号)。これにより、学生短歌会としては異例な形で、当時、短歌ジャーナリズムを大きく賑せていた「短歌同人誌運動」の中で注目を浴びた。その後、福島泰樹三枝昂之らの活動により、大学闘争世代の短歌に影響を与える。

機関誌「早稲田短歌」には、数多くの短歌作品ならびに評論が発表され、その特色は「時代を直視する尖鋭な表現」であるとされる(参考文献における三枝昂之の記述より)。学園闘争が下火になるに従い、70年代中盤に一旦休刊したが、1988年(昭和63年)に復刊。現在も歌会や研究会を開き、年刊で「早稲田短歌」の発行を続けている他、各大学短歌会との合同歌会を企画するなど、積極的に短歌活動を推進している。

2000年代においては、「テノヒラタンカ」に参加した天道なお、『短歌ヴァーサス』などで注目された永井祐、五島諭など、「ポスト・ニューウェーブ」の口語短歌歌人の活動の場ともなった。

主な出身者[編集]

参考文献[編集]

  • 『現代短歌大事典 普及版』、 三省堂、 2004.7、 666ページ他。ISBN 978-4385154190

脚注[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]