早稲田摂陵中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
早稲田摂陵中学校・高等学校
Waseda Setsuryo.JPG
過去の名称 大阪繊維工業高等学校
摂陵中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人早稲田大阪学園
校訓 責任・自律・質実
設立年月日 1962年4月
共学・別学 男女共学(吹奏楽コースは女子のみ)
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科     
高校コード 27574D
所在地 567-0051
大阪府茨木市宿久庄七丁目20番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
校地全景
1号棟
旧校名時代の正門

地理院地図 Googleマップ 早稲田摂陵中学校・高等学校

早稲田摂陵中学校・高等学校(わせだせつりょうちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府茨木市宿久庄にある私立。設立者は学校法人早稲田大阪学園。2009年度より学校法人早稲田大学の系属校となった。通信制単位制向陽台高等学校が同敷地内に立地していて、食堂や図書館などを共用している。全国私立寮制学校協議会オブザーバー校。

2010年に1号棟の教室が改装され、多機能教室となった。各教室にプロジェクターやスーパーコンピュータ、LAN設備が整備されており、インターネットなどを通じて多面的な学習が可能となった。2015年現在2号棟も改修中であり、太陽熱を利用した空調設備を完備した環境配慮型校舎となる予定である。

沿革[編集]

  • 1962年 - 日本紡績協会が大阪府宿久庄に全寮制の大阪繊維工業高等学校(全日制)を設立。
  • 1964年 - 同校内に向陽台高等学校(広域通信制)を併設する。
  • 1974年 - 大阪繊維工業高等学校を摂陵高等学校(全日制普通科)に改める。
  • 1984年 - 図書館完成。
  • 1985年 - 摂陵中学校を併設する。
  • 1993年 - 全教室冷房装置設置。
  • 2004年 - 学園生徒会館完成。
  • 2009年 - 早稲田大学の系属校となり、早稲田摂陵中学校・高等学校に改称。また向陽台高等学校吹奏楽コースを早稲田摂陵高等学校全日制普通科吹奏楽コースとして移管する。
  • 2010年 - 早稲田摂陵中学校・高等学校を完全共学化。生徒寮 WASEDA HOUSE(新清和寮)を設置。なお、早稲田摂陵高等学校吹奏楽コースは女子のみ。
  • 2012年4月1日 - 学校法人名が大阪繊維学園から早稲田大阪学園へと改称される。

設置形態[編集]

  • 中学校
  • 高等学校
    • 普通科
    • 普通科吹奏楽コース

通学[編集]

国際文化公園都市(彩都)に隣接しており、彩都西駅大阪モノレール彩都線)から徒歩約15分である。阪急バス彩都あさぎ三丁目停留所より徒歩5分である。

スクールバス[編集]

近隣各駅からスクールバスが約1時間に1本運行しており、定期乗車証を購入した生徒が利用できる。このスクールバスは、学校関連企業であるみささぎ交通が運行している。

進学先[編集]

早稲田大学の系属校ではあるが、早稲田大学の推薦枠は系列校の中で最も小さく、40名の枠しかない。また、指定校推薦も豊富にある。

吹奏楽コース[編集]

阪急商業学園1957年1996年・阪急少年音楽隊(男子)、1997年2003年・阪急商業学園ウィンドバンド(女子))、向陽台高等学校ウィンドバンド(2004年2008年・女子)を経て2009年より早稲田摂陵(吹奏楽コース・女子)に移管された。関西テレビ主催の音楽イベント・3000人の吹奏楽では第1回から連続出場している。マーチングコンテスト全国大会で金賞11回。イタリア国際フェスティバルパレード部門優勝。

著名な出身者[編集]

  • 豊田和貴(SOPHIA/ギター、摂陵高等学校)
  • 上甲宣之(作家、摂陵高等学校)
  • 大塚高司(衆議院議員、摂陵高等学校)
  • 夏見モンド(「魂のコーチング塾」パーソナルコーチ、摂陵高等学校)
  • 新藤栄作(俳優、摂陵高等学校)
  • 中久木大力(アナウンサー、摂陵高等学校)
  • ISAO(ギタリスト、摂陵高等学校)
  • 芦田創(アスリート、早稲田摂陵中学校・高等学校)
  • 長濱保廣(宮崎空港ビル会長)
  • 前田大輔(ラグビー選手、早稲田摂陵高等学校)
  • 森本信之(高槻市議会議員、摂陵高校)
  • 西田哲朗 (プロ野球選手、摂陵中学校)

関連項目[編集]