早稲田柳右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

早稲田 柳右衛門(わせだ りゅうえもん、1900年2月25日 - 1984年4月15日[1])は、日本の政治家衆議院議員(12期)。

略歴[編集]

愛知県小牧市出身。享栄商業学校卒業。1929年、瀬戸市会議員となる。

1946年、第22回衆議院議員総選挙愛知県第1区から日本進歩党公認で立候補し初当選。1947年、第23回衆議院議員総選挙旧愛知2区から民主党公認で立候補し再選。

1954年、保全経済会の顧問に就任していたため、保全経済会事件に関して、衆議院議員の平野力三東洋大学教授の松本信次とともに証人喚問される。

1955年、第2次鳩山一郎内閣郵政政務次官。1960年、自民党愛知県連の初代会長に就任[1][2]。13年間務める[1]。1970年、勲一等瑞宝章を受章。1975年、勲一等旭日大綬章を受章。1976年、第34回衆議院議員総選挙には立候補せず政界引退した。

1984年4月15日、死去。瀬戸市で合同市民葬が行われる。

その他[編集]

  • 毎年、「故・早稲田柳右エ門先生を偲ぶ会」が開かれている

元秘書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 新訂 政治家人名事典 明治~昭和(コトバンク)
  2. ^ 中日新聞社会部編『あいちの政治史』中日新聞本社、1981年10月29日、362-363頁。