旭川合同庁舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
旭川合同庁舎
合同庁舎.JPG
情報
用途 合同庁舎
設計者 黒川紀章建築都市設計事務所
施工 特定建設工事共同企業体ほか
建築主 北海道開発局(発注)
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート
敷地面積 7,593.86平方メートル(予定) m²
建築面積 1,571.62平方メートル(予定) m²
延床面積 10,472.47平方メートル(予定) m²
階数 地上6、地下1
着工 2001年(第1期)、2006年(第2期)
竣工 2004年(第1期)、2008年(第2期)
所在地 北海道旭川市宮前1条3丁目3番15号
テンプレートを表示

旭川合同庁舎(あさひかわごうどうちょうしゃ)は、北海道旭川市にある行政施設。

概要[編集]

旭川市の都市計画「北彩都あさひかわ」の「シビックコア地区」に建設された合同庁舎。旭川シビックコア地区整備推進協議会の発足後2001年(平成13年)より第1期工事が開始[1]2004年(平成16年)に第1期竣工[2]2006年より第2期工事が開始され、旭川市科学館(サイパル)側に西館が建築され、2008年(平成20年)8月に竣工[3]

建築工事期間中に工事現場見学会、段ボールフェスティバル、クリスマスツリー点灯会や旭川市障害者福祉センターおぴったの「おぴったまつり」時期などイベントを開催。

福祉センターと科学館のほか、ショッピングセンターが隣接する。

入居機関[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “2001開発予算 JR旭川駅周辺開発 合同庁舎建設に15億円 土地も国取得 市は「事業に弾み」”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2000年12月22日)
  2. ^ a b “土曜スペシャル 旭川地方気象台 13日に新庁舎へ移転 市民に親しまれる場に 「天気相談室」を新設 資料そろえ 子供の研究にも一役 桜標本木は“変更””. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2004年9月4日)
  3. ^ a b c “合同庁舎 西館が完成 北彩都あさひかわ 税務署など入居へ”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2008年8月30日)
  4. ^ “北彩都あさひかわ 国の合同庁舎 2期庁舎が今秋完成 法務局など7機関入居 「節目に」と市は歓迎”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2008年1月9日)