旭川市立永山中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旭川市立永山中学校
過去の名称 永山村立永山中学校
国公私立 公立学校
設置者 旭川市
校訓 聡明
設立年月日 1947年5月
開校記念日 5月10日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 079-8417
旭川市永山7条19丁目1番1号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

旭川市立永山中学校(あさひかわしりつながやまちゅうがっこう)は北海道旭川市永山7条19丁目にある学校。

1974年に科学部が旭川市文化奨励賞を受賞している。[1]

沿革[編集]

  • 1947年(昭和22年)5月1日に開校。そのため5月10日が開校記念日になっている。

制服[編集]

男女とも明石被服興業製の水色ブレザーを着用する。男子ネクタイおよび女子のリボン青緑色である。なお、女子の上着は、前から見た場合普通の上着と変わらないが、後ろのデザインはセーラー服のような形状である。

男子のワイシャツ及び女子のブラウス(丸襟)はいずれもトンボ製。

取扱店は有限会社 マルエー

バリアフリー対策[編集]

体育館の出入り口にスロープがあり、校内に手すりがあるなど1階に限ればバリアフリー対策が進んでいる。しかし、エレベーターが設置されていないため、車椅子利用者が単独で2階・3階には行くことはできない。

関連項目[編集]

著名な出身者[編集]