旭桜隆秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

旭桜 隆秀(あさひざくら たかひで、1964年12月28日 - )は、大島部屋に所属した元力士。本名は葛西 一雄北海道旭川市出身。最高位は東幕下筆頭。

経歴[編集]

立浪部屋から独立したばかりで引退後間もない元大関旭國の大島部屋に入門。1980年3月場所「旭桜」の四股名で初土俵を踏む。当初は順調に番付を上げ入門から1年半後の1981年9月場所で幕下に上がった。何度か三段目に落ちたこともあったが、1984年1月場所ではこれまでの自己最高位の東幕下3枚目まで上がったが、この場所5連敗と負け越し(最終的には3勝5敗の成績)その後は負け越し続きで一時序二段まで落ちた。その後再び番付を上げ、1988年3月場所では東幕下筆頭まで躍進した。しかし、この場所で負け越してからは負け越し続きとなり番付を下げ(この間、四股名を本名の「葛西」に変えた)、1989年11月場所で番付外に落ち、翌1990年5月場所限りで廃業した。

廃業後は同じ大島部屋にいた旭道山の「待ったなし人生」によれば整体師をしているという。

各段優勝[編集]

  • 三段目優勝1回(1985年7月場所)

改名歴[編集]

  • 旭桜 隆秀 (あさひざくら たかひで)1980年3月場所-1988年7月場所
  • 葛西 一雄 (かさい かずお)1988年9月場所-1990年5月場所[1]

出典[編集]