旭町 (栃木市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 栃木県 > 栃木市 > 旭町
旭町
—  町丁  —
栃木市栃木文化会館
旭町の位置(栃木県内)
旭町
旭町
座標: 北緯36度22分37.12秒 東経139度44分14.44秒 / 北緯36.3769778度 東経139.7373444度 / 36.3769778; 139.7373444
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Tochigi Prefecture.svg 栃木県
市町村 Tochigi Tochigi chapter.svg 栃木市
地域 栃木中央地域
地区 栃木地区
設置 1937年昭和12年)4月1日
人口 (2017年(平成29年)8月31日現在)[1]
 - 計 1,069人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 328-0035
市外局番 0282
ナンバープレート とちぎ
※座標は栃木市栃木文化会館付近

旭町(あさひちょう)は、栃木県栃木市の地名。全域で住居表示を実施している。郵便番号は328-0035。  

地理[編集]

栃木地域栃木地区の中央部、中心市街地の東部に位置し、南部を巴波川が流れる。北で万町、東で本町、南で河合町城内町、西で倭町室町と隣接する。

栃木市栃木文化会館栃木市栃木図書館をはじめとした文教施設や、定願寺や満福寺、栃木郷の総鎮守で「栃木のお伊勢さま」と呼ばれる神明宮など神社仏閣の集積がみられる。また、小山街道(栃木県道31号栃木小山線旧道)沿いには宇都宮地方裁判所栃木支部が置かれている。

河川[編集]

歴史[編集]

もとは栃木町大字栃木旭町の一部であり、市制施行時の大字の廃止に伴い栃木市旭町となった。かつては栃木刑務所、栃木労働基準監督署があったが、1979年昭和54年)に栃木刑務所が惣社町へ移転した。刑務所跡地には、1983年(昭和58年)に栃木市文化会館(現・栃木市栃木文化会館)、1986年(昭和61年)に栃木市図書館(現・栃木市栃木図書館)がそれぞれ開館した。また、栃木労働基準監督署も沼和田町へ移転した。

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
旭町 508世帯 1,069人

人口の変遷[編集]

総数 [戸数または世帯数: R05.png 、人口: G05.png ]

1950年昭和25年)[2] R10.pngR10.pngR10.pngR10.pngR10.pngR05.pngR01.pngR01.png 475世帯
G100.pngG100.pngG10.pngG01.pngG01.png 2,122人
1983年(昭和58年)[3] R50.pngR10.pngR01.pngR01.png 620世帯
G100.pngG100.pngG10.pngG05.png 2,153人
2010年平成22年)[4] R50.png 502世帯
G100.pngG10.pngG10.pngG05.pngG01.png 1,265人
2017年(平成29年)[5] R50.png 500世帯
G100.pngG05.pngG01.pngG01.png 1,073人

交通[編集]

バス[編集]

蔵の街観光バス

蔵の街循環「のらっせ号」

  • (5) 文化会館前

道路[編集]

県道

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

番地 小学校 中学校
一部 栃木市立栃木中央小学校 栃木市立栃木南中学校
その他全域 栃木市立栃木第四小学校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人口状況 - 平成29年8月末日現在町内別世帯数及び人口一覧表”. 栃木市 (2017年9月1日). 2017年9月4日閲覧。
  2. ^ 角川日本地名大辞典 9 栃木県』角川書店 p.920
  3. ^ 住民基本台帳(昭和58年3月31日)
  4. ^ 住民基本台帳(平成22年3月31日)
  5. ^ 住民基本台帳(平成29年3月31日)
  6. ^ 栃木市立小中学校通学区域一覧表”. 栃木市. 2010年11月16日閲覧。[リンク切れ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 栃木市
  • 旭町 - 曖昧さ回避ページ。日本各地に存在する旭町について。