明らかな対称性の破れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

理論物理学において、明らかな対称性の破れ(explicit symmetry breaking)は、理論を定義する運動方程式(典型的には、大半がラグランジアン、あるいは、ハミルトニアンで記述される)による対称性の破れであり、対称性を持たなくなる。通常、このことは対称性の破れが小さい状況のときに使われるので、対称性は近似的に理論により扱われる。例としては、ゼーマン効果において、原子のハミルトニアンの磁気相互作用による摂動のために、スペクトル線が分解することが挙げられる。

明らかな対称性の破れは、自発的対称性の破れとは異なっている。自発的対称性の破れは、定義方程式が対称性に関係するのではなく、理論の基底状態真空)が対称性を破る[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Castellani, E. (2003) "On the meaning of Symmetry Breaking" in Brading, K. and Castellani, E. (eds) Symmetries in Physics: New Reflections, Cambridge: Cambridge University Press