明宝歴史民俗資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明宝歴史民俗資料館

明宝歴史民俗資料館(めいほうれきしみんぞくしりょうかん)は、岐阜県郡上市にある資料館

郡上市明宝地区の歴史民俗資料を調査・保管・展示を行っている。

概要[編集]

  • 1970年(昭和45年)、「明方村立博物館」として開館[1]。元々は奥明方村立奥明方中学校[2]の先生生徒が資料を収集し、校内に開館した「奥明方中学校民俗資料館」が前身である。資料の増加とともに中学校での管理が難しくなったことにより、1970年に村に移管されている。1977年(昭和52年)に現在地に移転。1992年(平成4年)に村名改称により「明宝村立博物館」に改称後、2008年(平成16年)に「明宝歴史民俗資料館」に改称。
  • 敷地は旧・明方村立奥明方小学校[3]の跡地であり、建物はその木造校舎(1937年建築)をそのまま使用している。
  • 所蔵品は約47,000点。そのうち3,594点が国重要有形民俗文化財[1][2][3][4]である。
  • 運営管理はNPO法人ふる里めいほうが行っている。

所在地[編集]

  • 岐阜県郡上市明宝気良154

利用案内[編集]

  • 開館時間 10:00 - 16:00
  • 休館日 毎週月曜日 祝日の翌日 冬季(12月から3月)の平日
  • 入場料 高校生以上210円 小中学生150円

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 明宝歴史民俗資料館 施設の概要
  2. ^ 奥明方村は1970年に明方村に改称し、1992年に明宝村に改称。
  3. ^ 1973年に統合。現・郡上市立明宝小学校
  4. ^ 岐阜バス岐阜バスコミュニティ八幡」の路線を引継いだ路線

関連項目[編集]

座標: 北緯35度51分25.3秒 東経137度1分48.2秒 / 北緯35.857028度 東経137.030056度 / 35.857028; 137.030056