明峰素哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

明峰素哲(めいほう そてつ、建治3年(1277年)- 観応元年/正平5年3月28日1350年5月5日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての曹洞宗。俗姓は富樫氏。諱は素哲。道号は妙峰。

当初比叡山に上って出家して受戒したが、その後鎌倉建仁寺に移り、さらに加賀国大乗寺瑩山紹瑾をたずねてその門下となった。長い期間参禅しその印可を受けた。その後加賀国伝燈寺恭翁運良に参禅し、大乗寺・永光寺の住持を歴任した後、越中国光禅寺を創建して第1世となった。

関連文献[編集]

先代:
瑩山紹瑾
曹洞宗
次代: