明智探偵事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明智探偵事務所
ジャンル サスペンスドラマ
原作 江戸川乱歩
脚本 中島貞夫福田善之
演出 山田勝美/佐藤満寿哉/北村充史
出演者 夏木陽介萩原健一田村奈巳
時代設定 昭和時代
製作
制作 日本放送協会大阪放送局
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1972年4月2日 - 1972年10月9日
放送時間 月曜日 20:00 - 20:59
放送分 59分
回数 25

明智探偵事務所』(あけちたんていじむしょ)は、1972年日本放送協会で制作され、NHK総合テレビジョンで放映されたテレビドラマである。

解説[編集]

本作は江戸川乱歩が創り出した探偵・明智小五郎を主人公とし、サブタイトルに『江戸川乱歩全集』と銘打っていたように、明智が登場する作品を中心として乱歩の小説をテレビドラマ化したものである。

本作はNHK大阪放送局制作であったため、関西エリアが物語の舞台となっていた。また人物設定は乱歩の原作とかなり変え、少年探偵団は全く出てこないものの、少年探偵団のリーダーである小林芳雄を青年にして登場させた[1]。物語を放映当時(1972年)の時代設定に合わせて制作したため、当時流行したゴーゴー喫茶が登場する場面があったという[2]

本作は当初、1973年3月までの1年間放送予定であったが、毎回1回完結での撮影が続いて出演者の消耗度が著しかったため、半年で制作・放映を打ち切らざるを得なかったというエピソードがある[2]。なお主演の夏木陽介は2018年に逝去したが、生前のいくつかのインタビューに答えて当時の制作状況を語っている。夏木が語るところによれば、脚本の仕上がりが遅くセリフの意味が通じない箇所があった。また脚本の福田善之がリハーサルに同席して、演出家が何も言っていないのにNGをだしてきたため、「演出家の言うことしか聞かない」と言い返した。ある時、脚本の意味の通じないところがあり、演出家に直接伝えておいた。ところがリハーサルの時にも直っておらず、あまりのいい加減さにあきれてしまい台本で軽く演出家の頭を叩いたところ手元が狂って頭を直撃してしまい一瞬にして撮影現場が緊張した。夏木は「降板する」と宣言し、そうした事情から半年で終了したという。夏木は、「若気の至りだった」と反省しながらも、「撮影スケジュールが厳しいことは分かっていたはずだから、俳優のテンションが上がるように工夫してもらいたかった」とも述べている。

主要キャスト[編集]

放送回[編集]

放送日 話数 サブタイトル 原作 ゲスト
1972.4.3 1 すりかえ大作戦 黒蜥蜴 倍賞美津子
1972.4.10 2 親なし犬 怪人二十面相 村上冬樹、沢まき子
1972.4.17 3 十字路 十字路 根上淳佐々木すみ江、森秋子
1972.4.24 4 人殺し夢の酔醒め 二癈人 谷啓賀川雪絵
1972.5.1 5 望郷怨歌 妖虫 大滝秀治竹下景子永野達雄
1972.5.8 6 遥かなる天女の栖 畸形の天女 中山麻理渡辺文雄
1972.5.15 7 二十七年の履歴書 なし[3] 井原千寿子加東大介南風洋子
1972.5.22 8 倭文子・その愛 吸血鬼 原泉甲にしき楠年明
1972.5.29 9 うらおもて心理試験 心理試験
指環
D坂の殺人事件
吉行和子
1972.6.5 10 呪われた手紙 悪魔の紋章 河野秋武久万里由香
1972.6.12 11 三文王子の暗殺ロック なし[4] 人見明松崎真
1972.6.19 12 花を枯らしたのは誰 幽霊 加茂さくら西沢利明、池田英子、早崎文司
1972.6.26 13 ジョーカーを引いた男 ぺてん師と空気男 西村晃赤座美代子
1972.7.3 14 二十面相只今参上 堀越捜査一課長殿 吉行和子、桂麻紀
1972.7.10 15 夏の恋 陰獣 伊藤孝雄鰐淵晴子
1972.7.17 16 かみかけて命大切 原作不詳 曾我廼家五郎八市毛良枝、藤山直子
1972.7.24 17 湖畔亭殺人事件 湖畔亭事件 財津一郎、池田幸路
1972.7.31 18 誰がために探偵はある 一寸法師 原保美弓恵子、土方弘
1972.8.7 19 走れ二十面相【前】 凶器 北林早苗、吉行和子
1972.8.14 20 走れ二十面相【後】 凶器 北林早苗、吉行和子
1972.8.21 21 二十面相の母 原作不詳 清川虹子茶川一郎
1972.9.11 22 塔は見ていた【前】 幽鬼の塔 佐藤友美下条正巳陶隆信欽三
1972.9.18 23 塔は見ていた【後】 幽鬼の塔 佐藤友美下条正巳陶隆信欽三
1972.10.2 24 月と手袋 月と手袋 井上孝雄松木路子
1972.10.9 25 さらば青年探偵団 押絵と旅する男 伴淳三郎中山麻理戸浦六宏

※ 途中、第20回夏季オリンピックミュンヘン大会中継(1972年8月28日、9月4日)のために2回、日中首脳会談関係の報道特別番組(9月25日)のために1回と合計3回放送休止措置がとられた時あり。

映像の状況[編集]

1972年当時、番組制作用のVTR2インチ規格で機器・テープ共に高価格だったために放送終了ごとに別番組制作・収録で使い回されたことや、その当時は放送局自体に映像の記録・保存の概念が薄かったこともあり、NHKには『明智探偵事務所』の映像は現存していないとされる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 特集『明智探偵事務所』グラフNHK 1972年5月15日号
  2. ^ a b 明智探偵事務所 テレビドラマデータベース参照
  3. ^ 中島貞夫のオリジナル脚本による回
  4. ^ 福田善之のオリジナル脚本による回
NHK総合 月曜20時枠
前番組 番組名 次番組
あまくち からくち
明智探偵事務所
あおによし