明治丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明治丸
満船飾の明治丸.JPG
満船飾を綴る明治丸
基本情報
船種 鉄製汽船
船級 ロイド船級協会
経歴
発注 1873年
進水 1874年9月26日
竣工 1874年11月24日
就航 1875年
除籍 1954年3月
その後 作業場として使用、後に修復・公開
要目
排水量 1027.57トン
全長 68.6m
全幅 9.1m
機関方式 レシプロ機関
出力 1530馬力
速力 11.5ノット
テンプレートを表示

明治丸(めいじまる)は、日本船舶灯台巡視船として日本政府イギリスに発注し、天皇の乗る御召し船や練習船としても使用された。国の重要文化財に指定されている。

歴史[編集]

明治初頭、洋式灯台の建設に伴って、その測量やメンテナンスのために灯台巡視船が日本にも登場した。灯台の増加により新鋭船が必要となったため、日本政府はイギリスグラスゴーにあるネピア造船所に本船を発注した。本船は1874年9月26日進水し、同年11月24日に竣工している[1]。「明治丸」と命名された本船は、翌1875年2月20日横浜港に到着し、灯台巡視船の任に就いた。

「明治丸」は、当時の日本国内における最優秀船であった[2]ため、通常の灯台見回り業務の他にも様々な活動を行い、日本の近現代史に業績を残している。

日本に回航された1876年にはイギリスとの間で小笠原諸島の領有問題が生じたため、11月21日、日本政府調査団を乗せて横浜港を出航し、24日に父島に入港した。新鋭船で船足が速く、22日に同じく横浜を出航した英国軍艦「カーリュー」より2日早く着き、調査を進められたため、日本の小笠原諸島領有の基礎を固めることができたとされている。

また、御召し船としても用いられており、特に、1876年には明治天皇北海道東北地方への巡幸に供され、7月20日に横浜に無事帰港した事を記念して1941年にこの日が『海の記念日』(現在の海の日)に制定された[3]1875年3月5日の、軍艦清輝」の進水式の際にも明治天皇は乗船している。また1879年琉球処分の際には尚泰を乗せて東京まで航海し、1887年には横尾東作東京府知事高崎五六らによる硫黄列島への探検航海に用いられるなどした。

1910年代、台風で岸に打ち寄せられた明治丸

その後、海軍省から譲渡された「新発電丸」が後任に就くと、「明治丸」は1897年9月に商船学校(現・東京海洋大学)に貸与された。さらに同年11月には同校に移管され、係留練習船として操帆訓練などに用いられた。1901年12月25日に現在の東京海洋大学・越中島キャンパスに移動し、1911年1917年には台風高潮バウスプリットが折れるなどの被害を受けつつ、1923年関東大震災1945年東京大空襲の際には数千人の罹災者を収容している[3]

1945年9月には学校とともに進駐アメリカ軍接収され、酒保になっていた。その後1951年に係船地で座礁したのを契機に接収が解除され、1952年には浮揚させて上甲板などの修理が行われたが、1954年に老朽化のため練習船の任務を解除された。その後も1975年頃までは結索実習などに船内が使われ、1978年5月31日には船として初めて国の重要文化財に指定されている。1988年1月29日に保存修理工事を終え、1989年5月16日から2009年1月まで一般に公開されていた。

1988年の修理後、経年劣化により再度大規模修復が必要となり、大学と文化庁との間で協議が行われ、明治丸修復計画が策定されている。この修復計画を基に、周辺の環境整備や海事技術資料の収集、次世代の海事産業を担う青少年への海事意識啓発活動を行う「明治丸海事ミュージアム事業」が進行中である。

東京海洋大学では2009年度から修復事業等の費用に充てるため、「明治丸海事ミュージアム事業募金」を設置し募金を呼びかけていた。

2013年12月より、本学と文化庁により大規模修復工事が行われていたが2015年3月に竣工した。7月19日に明治丸修復完工記念式典を挙行し、翌20日には船内を含む特別公開を実施した。

構造[編集]

外観[編集]

当初は外輪船とする計画だったが、スクリュープロペラ船として建造された。帆装は2本マストトップスルスクーナーであった[3]が、1898年品川にある緒明造船所で3本マストのシップに改造された。さらに1937年にはミズンマストの腐敗からバークになったが、1983年からの修復工事で再びシップ型に戻された。また、船首船尾にはアカンサスの文様が描かれている。

船内[編集]

甲板は2層構造で、主甲板は当初細かく区切られて客室が配置されていた。後に、明治天皇のための御座所として、公室・寝室浴室の3部屋が右舷後方に設けられた。御座所内の板絵は戦後の接収の際にペンキを塗られたが、後に復元されている。また、主甲板の最後部にはサロンがあり、マホガニーのテーブルが展示されている。なお、1892年の修理で従来の操舵室が海図室となり、上甲板に操舵室が設けられた。

下甲板には石炭庫とレシプロ機関2機が設置されていたが、1927年に取り外され、技業練習場が設けられた。

性能[編集]

1878年11月18日グラスゴーで試運転が行われ、排水トン数1235トンで、速力12.66ノット、指示馬力(ihp)1450馬力を記録している。なお、速力や船のサイズなどについては、複数の記録で数値の食い違いが見られる[1]

船長[編集]

  • (心得)中尾昌清:1893年11月14日 - 1894年11月26日
  • 中尾昌清:1894年11月26日 -

Captain Mr.Albert Richard Brown(An Eiglish man born in Scotland)printed in the book "The life and times of the illustrious Captain Brown" written by Mr.Lewis Bush. This was written by Seigo Nishida who worked in AR Brown Co.Ltd.[疑問点]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 庄司、2007年、P.1
  2. ^ 庄司、1996年、P.52
  3. ^ a b c 庄司、1996年、P.53

参考文献[編集]

座標: 北緯35度40分2.5秒 東経139度47分25.0秒 / 北緯35.667361度 東経139.790278度 / 35.667361; 139.790278