明治大学大学院政治経済学研究科・政治経済学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明治大学 > 明治大学大学院政治経済学研究科・政治経済学部

明治大学政治経済学部(めいじだいがくせいじけいざいがくぶ)は、政治経済学教育研究するために明治大学に置かれる学部であり、政治経済学研究科は、上級学位を修めるために置かれた政治経済学を研究する大学院研究科である。

概観[編集]

1920年4月、明治大学は大学令によって昇格を果たしたものの、このとき政治経済科の学部昇格は見送られ、同科は法学部と商学部に分属されることになった。もともと明大の政経科は学生数が少なく、学科としての独自性に乏しかったうえに(法・商両科との共通科目が多かった)、学部として成立するための供託金調達の見通しが立たなかったためであった[1]

それに対して法学部政治学科の学生や卒業生を中心として政治経済学部の独立運動が起きる。大学当局は政経の独立に消極的だったが、国庫に納付すべき供託金10万円を4ヵ年で分納することが承認されたこともあって政治経済学部は1925年7月28日に設置認可、同年9月に開講となった[2]

2002年に地域行政学科を設置。2008年度にはカリキュラム改定により「ゼミ指導型コース制」を導入。3、4年次の科目選択の目安として、4つのコースを設け、さらにそれを区分して、それぞれ3つずつの科目パッケージを配置している。

学生はゼミの担当教員の指導に基づいて、自身の研究テーマにふさわしいコースならびに科目パッケージを選ぶ。ジャーナリスト育成プログラムがあり、「基礎マスコミ研究室[3]」では、現役ジャーナリストによる講義・演習等が行われている。

留学も含めて4年間での卒業が可能なダブルディグリープログラムなども設置されている。「ACE(英語実践力養成コース)」を設け、TOEICなども全学生が大学で受験可能である。

歴史[編集]

  • 1886年 - 行政学部を設置
  • 1888年 - 行政学部を廃止し、政治学部を設置
  • 1893年 - 政治学部を廃止
  • 1904年 - 政学部を設置
  • 1912年 - 政学部を政治経済科と改称
  • 1925年 - 大学令による政治経済学部設置
  • 1931年 - 専門部経済科(二部)を政治経済科と改称
  • 1949年 - 新制政治経済学部設置認可
  • 1952年 - 1・2年生が和泉に移転
  • 1954年 - 大学院博士課程を設置
  • 1958年 - 駿河台6・7号館竣工(現在のアカデミーコモンの場所)

学科・コース[編集]

  • 政治学科
  • 経済学科
  • 地域行政学科
    • コース
      • 政治学・社会学総合コース
      • 経済学・経済政策総合コース
      • 地域行政総合コース
      • 国際文化総合コース

大学院[編集]

  • 政治経済学研究科(博士前期課程・博士後期課程)
    • 政治学専攻
      • 博士前期課程のコース
        • 研究者養成コース
        • 専修コース
    • 経済学専攻
      • 博士前期課程のコース
        • 研究者養成コース
        • 専修コース

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『明治大学百年史』 第三巻 通史編Ⅰ、839-845頁
  2. ^ 『明治大学百年史』 第三巻 通史編Ⅰ、848-857頁
  3. ^ 基礎マスコミ研究室

関連項目[編集]