学校法人明治学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
学校法人明治学院

明治学院記念館
明治学院記念館 インブリー館
インブリー館

明治学院礼拝堂(チャペル)
明治学院礼拝堂(チャペル)
法人番号 1010405002184 ウィキデータを編集
創立者 ジェームス・カーティス・ヘボン
理事長 青本健作
創立 1863年
所属学校 明治学院大学
明治学院高等学校
明治学院東村山高等学校
明治学院中学校
所在地 東京都港区白金台1-2-37
ウェブサイト 学校法人明治学院
Project.svg プロジェクト:学校/学校法人の記事について
Portal.svg Portal:教育
テンプレートを表示

学校法人明治学院(がっこうほうじんめいじがくいん)は、日本プロテスタント系のキリスト教主義学校のひとつ。学校法人にして明治学院大学等の設置者。

概説[編集]

本部は東京都港区白金台1886年(前身である東京一致神学校まで含めれば1877年)創立。源流はヘボン式ローマ字で知られるアメリカ人宣教師ヘボン博士の夫妻が1863年に開いた私塾のヘボン塾より始まる。日本屈指の歴史を誇る大学であり、2013年に創立150年を迎えている。

関係するのは日本キリスト教会日本基督教団。初期から残る建物であるウィリアム・インブリーが1897年から1922年まで暮らした旧住居、「インブリー館」は国の重要文化財、記念館(旧神学部校舎兼旧図書館)は港区 の指定文化財。島崎藤村を輩出しており、学院歌(大学、高校(白金、東村山)、中学の全てで共通している)は彼の作詞である。

名称の由来[編集]

明治学院の名称は、創設者の一人で理事の植村正久の提案によるもので、植村の言によれば「明けき政治の学問の学校」であり、その意は「明治の時代における学問の殿堂」であって明治学院は「明治文化の中に輝くキリスト教教育の代表的学園」であった[1]。キリスト教系「学院」は、その名によって現状というよりは未来に向けての志の大きさを示したものである。

歴代学院長[編集]

学院長は大学・中高の教学全般とキリスト教教育・活動を統括し責任を負う。経営は理事長が最高責任を負う。

  • 初代:J・C・ヘボン(1887年 - 1901年)
  • 第2代:井深梶之助(1901年 - 1921年)
  • 第3代: 田川大吉郎(1925年 - 1939年)
  • 第4代: 矢野貫城(1939年 - 1948年)
  • 第5代:村田四郎(1948年 - 1957年)
  • 第6代:都留仙次(1957年 - 1962年)
  • 第7代:武藤富男(1962年 - 1977年)
  • 第8代:島村亀鶴(1977年 - 1981年)
  • 第9代:平出宣道(1981年 - 1994年)
  • 第10代:中山弘正(1994年 - 1998年)
  • 第11代:久世了(1998年 - 2012年)
  • 第12代:大西晴樹(2012年 - 2014年)
  • 第13代:小暮修也(2014年 - )任期中

設置している学校[編集]

設置していた学校[編集]

関連会社、団体[編集]

  • 明治学院消費生活協同組合
    • 学校法人との資本関係や人材交流はなく、外部の団体ではあるが、教職員と学生に加入資格がある。
  • 株式会社 明治学院サービス
    • 学校法人明治学院出資100%の会社。学校周辺業務(保険代理店人材派遣、施設貸出、物品販売)等、学校法人明治学院から受託した業務を行なう。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鷲山, 弟三郎『明治学院五十年史』明治学院、1927年。