明治安田PentaOceanパイレーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明治安田PentaOceanパイレーツ
基本情報
愛称 パイレーツ
メインスポンサー 五洋建設
明治安田生命保険
創設年 2005年
所属リーグ
リーグ Xリーグ・X1 AREA CENTRAL
本拠地
本拠地 明治安田生命八王子グリーンランド
(東京都八王子市)
組織
GM 吉川正志
監督 梅田一夫
ヘッドコーチ デビッド・パウロズニック
成績
2018シーズン BATTLE9 4位
獲得タイトル
※獲得タイトルなし
外部リンク
公式サイト0/0公式Twitter

明治安田PentaOceanパイレーツ(めいじやすだ ペンタオーシャン パイレーツ、: Meiji Yasuda Penta-Ocean Pirates)は、Xリーグに所属するアメリカンフットボールチーム(クラブチーム)。

概要[編集]

五洋建設パイレーツが使用していた舞浜グラウンド売却のため、新しいグラウンドを探していた中、2004年シーズン終了後に2部の上位チームであった明治安田L.A.クレイドルズと合併して創部。

明治安田パイレーツのチーム名は、スポンサー企業である五洋建設のチーム名がそのままチームの愛称になっている。合併当初は「明治安田L.A.パイレーツ」という名称であったが、2005年10月の明治安田生命への業務停止命令の影響で、宣伝活動自粛の意味で以降は「明治安田」をはずした「パイレーツ」の表記となり、Xリーグ公式サイトや各マスメディアでも2005年シーズン中は同様の措置がとられた。2006年以降「明治安田パイレーツ」として活動している。

ホームグラウンドは東京都府中市にある明治安田生命武蔵野台グラウンドから、八王子にある明治安田グリーンランドに移転した。

合併10周年を迎えた2015年シーズンよりチーム名を明治安田PentaOceanパイレーツに変更[1][2]

五洋建設パイレーツ[編集]

五洋建設の創業100周年に向けた記念事業のひとつとして発足し、1992年12月に創部。1997年にX2昇格。2001年にクラブチーム化しXリーグ再昇格[3]

明治安田L.A.クレイドルズ[編集]

安田生命創立115周年の記念事業の一環として、1996年に安田生命ワイズレッドライオンズとして創部。2003年にX2昇格[3]。明治生命と安田生命の合併に伴い、2004年シーズンから明治安田L.A.クレイドルズに改称。

チーム成績[編集]

五洋建設パイレーツ
  • 2001年セントラル6位 0勝5敗0分 勝ち点0 入替戦でIBMに敗れ2部降格
  • 2003年セントラル3位 3勝2敗0分 勝ち点6
  • 2004年イースト6位 1勝4敗0分 勝ち点2 入替戦で警視庁に勝ち1部残留
パイレーツ
  • 2005年イースト4位 2勝3敗0分 勝ち点 4
明治安田パイレーツ
  • 2006年イースト5位 1勝4敗0分 勝ち点 2
  • 以後のリーグ戦最高成績はディビジョン4位(2007、2008、2009、2011、2012)

脚注[編集]

  1. ^ What's New 2015年11月3日閲覧
  2. ^ X-league 2015 開幕 【第1節】 - パイレーツブログ(公式ブログ、2017.6.19閲覧)
  3. ^ a b 明治安田PentaOceanパイレーツ 2017年版 チームプロフィール - Xリーグ公式サイト(2017.6.19閲覧)