明治時代の義塾の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

明治時代の義塾の一覧(めいじじだいのぎじゅくのいちらん)では、明治時代日本で「義塾」を称した学校・教育機関について述べる。

概要[編集]

中国において「義塾」とは、公衆のために義捐で運営される学塾を意味し、この塾では学費を納めないのが原則であるとされた。

日本における「義塾」の語の最も早い用例は、天明7年(1787年)、幕命により蝦夷地を探検して功績を挙げた近藤重蔵が同志と協力して子弟のために開いた私塾の名称「白山義塾」であるという。さらに掛川藩儒員・松崎慊堂の日記「慊堂日暦」の文政8年(1825年)1月25日の条に、慊堂が桑名藩の儒者広瀬蒙斎を訪れ「義塾の事を議す」とした例、さらに寺門静軒天保3年(1832年)に著した『江戸繁盛記』4篇学校の項に、「官学外儒門の義塾」に言及した例が比較的初期の用例である[1])。

その後、福澤諭吉が安政5年(1858年)、中津藩江戸藩邸で蘭学塾を開き、10年後の慶応4年(1868年)に芝新銭座(現在の港区浜松町)に移転して以降この塾を「慶應義塾」と称した。

蓋此學を世に拡めんには学校の規律を彼に取り生徒を教道するを先務とす。仍て吾党の士相与に謀て、私に彼の共立学校の制に倣ひ、一小区の学舎を設け、これを創立の年号を取て仮に慶應義塾と名く — 『慶應義塾之記』より

これはおそらく英国パブリックスクールを指すものとされ、要するに慶應義塾の「義塾」とは、中国伝統の「義塾」に英国のpublic schoolの内容を盛ったものであるとされている[2]

これ以降、明治期に日本全国で「義塾」を称する私塾が設立されるようになったのは、主として慶應義塾の設立の影響によるものである。

一覧[編集]

明治期に慶應義塾にならって設立された義塾と名のつく学校は以下の通り。慶應義塾の分校として紹介されるケースもあるが、これらは慶應義塾を模倣して「義塾」という名称を使用したに過ぎない。中には人的交流があったケースもあるが、正確には慶應義塾の分校というのは誤りである。[3]

東京都[編集]

地名 名称
港区:芝 文会義塾(攻玉義塾)、時習義塾、高矣義塾、育英義塾、日新義塾、督業義塾、有明義塾時習義塾、明八義塾
港区:麻布 放天義塾
港区:赤坂 鞭駘義塾
千代田区:麹町 寧静義塾、奎運義塾
千代田区:神田 共心義塾、明治義塾、立志義塾、共和義塾
中央区:日本橋 岸俊雄義塾苟新館
中央区:京橋 英学義塾
新宿区:牛込 明治義塾、博約義塾
文京区:小石川 白山義塾(同人義塾)、柳館義塾
文京区:本郷 簡相義塾、原要義塾、見竜義塾、養源義塾
台東区:浅草 共心義塾、西坂義塾
台東区:下谷 成性義塾
墨田区:本所 時習義塾、蕉蹟義塾
品川区 成性義塾
品川区:(不詳) 文明義塾、管(簡ヵ)相義塾

東北地方・関東地方[編集]

地名 名称
青森県 桃李義塾
宮城県 白石義塾
栃木県 啓蒙義塾
埼玉県 文開義塾
千葉県 夷水義塾、実利義塾、明治義塾
神奈川県 耕余義塾、奚疑義塾、興道義塾

中部地方・近畿地方[編集]

地名 名称
新潟県 峯岡義塾、南条義塾、静修義塾
富山県 共立義塾、越中義塾
山梨県 汎愛義塾、三余義塾
長野県 小諸義塾、研成義塾
岐阜県 明正義塾
静岡県 用行義塾、朝陽義塾、不二義塾、東遠義塾、三余義塾
愛知県 蜜蜂義塾、巴江義塾、蓋督義塾、憲良義塾
三重県 鈴木義塾、桑名義塾、富田義塾、南五味塚義塾、森義塾
滋賀県 速成義塾
京都府 晩成義塾
大阪府 明治義塾
兵庫県 鳳鳴義塾、開成義塾、乾行義塾

中国地方・四国地方・九州地方[編集]

地名 名称
島根県 加茂義塾
岡山県 作東義塾
山口県 黒城義塾
愛媛県 南溟義塾
福岡県 賢木義塾、麗水義塾
長崎県 新街義(私)塾、有明義塾、蜚英義塾
熊本県 含窓義塾、新川義塾、大原義塾、大江義塾、含志義塾
鹿児島県 英仏義塾

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これらの記事の紹介者は倉英三郎[要出典]
  2. ^ 慶應義塾豆百科』 No.8 「義塾」という名のおこり
  3. ^ [ステンドグラス] 各地の義塾」『塾』第213号、慶應義塾、1998年7月、2015年3月11日閲覧。

関連項目[編集]

  • ファン・チュー・チン:ベトナムの民族運動家・革命家。慶應義塾にならってハノイに「東京(トンキン)義塾」を設立した。