明治村 (神奈川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明治村
廃止日 1908年4月1日
廃止理由 新設合併
藤沢大坂町明治村鵠沼村 → 藤沢町
現在の自治体 藤沢市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
高座郡
総人口 4,464
(明治四十年五月町村分合ニ関スル書類、1907年)
隣接自治体 藤沢大坂町鵠沼村
六会村松林村小出村
明治村役場
所在地 神奈川県高座郡明治村羽鳥
座標 北緯35度20分49秒 東経139度27分20秒 / 北緯35.34694度 東経139.45556度 / 35.34694; 139.45556座標: 北緯35度20分49秒 東経139度27分20秒 / 北緯35.34694度 東経139.45556度 / 35.34694; 139.45556
 表示 ウィキプロジェクト

明治村(めいじむら)は、神奈川県の中央南部、高座郡に属していた

地理[編集]

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行により[1]、神奈川県高座郡辻堂村、大庭村、羽鳥村および稲荷村が合併し明治村が成立する[2]
  • 1892年(明治25年)4月 - 小学尋常羽鳥学校と小学尋常辻堂学校が合併し、尋常日進小学校と改称する。
  • 1897年(明治30年)9月8日 - 大風で耕余義塾の全学舎が倒壊する。
  • 1900年(明治33年) - 耕余義塾が、閉塾する。
  • 1903年(明治36年)5月5日 - 尋常日進小学校は、明治村立尋常高等明治小学校(現在の藤沢市立明治小学校)として創立する。

経済[編集]

産業[編集]

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば明治村の篤農家は、「吉田八左衛門」のみである[3]。農業を営む人物は「角田重兵衛、川崎彦七、吉田八左衛門、高橋藤次郎、相澤竹次郎、相澤繁右衛門、三觜舜太郎」などである[4]。農蚕業を営む人物は「門倉與右衛門、山崎仙太郎、相澤重左衛門、櫻井庄左衛門、三觜勘右衛門、廣野浅右衛門」などである[4]

商工業
  • 久保田倉吉(甘藷卸売商)[4]
  • 藤間甲子三郎(米穀商、水車業並粉類)[4]
  • 三觜信太郎(製糸業)[4]
  • 三觜製造場[4]
  • 羽鳥屋 三觜由太郎(米穀、肥料商)[4]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

東海道線が通るが、村内に駅はない。

道路[編集]

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Wikisource reference 1889年(明治22年)3月11日神奈川県令第10号. 市制町村制施行ノ件 (明治22年神奈川県令第10号). - ウィキソース. 
  2. ^ 1989年(明治22年)3月31日神奈川県令第9号「町村分合改稱」別冊
  3. ^ 『大日本篤農家名鑑』274頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年3月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 『神奈川文庫 第五集 百家明鑑』171-173頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年3月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 小幡宗海編『神奈川文庫 第五集 百家明鑑』神奈川文庫事務所、1900年。
  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。

関連項目[編集]