明治生命館 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明治生命館
Mitsubishi dai2gokan.jpeg
情報
旧名称 第2号館
用途 事務所
設計者 ジョサイア・コンドル曽禰達蔵
建築主 三菱合資会社
事業主体 明治生命保険
構造形式 石造
建築面積
※308坪
階数 地下1階、地上2階、一部3階
着工 1892年(明治25年)12月
竣工 1895年(明治28年)7月18日
改築 1930年(昭和5年)5月解体
所在地 東京府東京市麹町区丸ノ内2-16
座標 北緯35度40分44.27秒 東経139度45分41.29秒 / 北緯35.6789639度 東経139.7614694度 / 35.6789639; 139.7614694座標: 北緯35度40分44.27秒 東経139度45分41.29秒 / 北緯35.6789639度 東経139.7614694度 / 35.6789639; 139.7614694
テンプレートを表示

明治生命館めいじせいめいかん)は、かつて日本の東京都千代田区丸の内にあった建築物である。旧三菱第2号館。

沿革[編集]

丸の内地区地所の払い下げを受けた三菱合資会社では1892年(明治25年)6月、同地所における最初の貸事務所建築として第1号館(三菱一号館)の建設に着手したが、それに続く第2号館の建設を、主に保険会社の用に供するものとして、東京府東京市麹町区八重洲町1-1(後の麹町区丸ノ内2-16)の地所において同年12月着手し、1895年(明治28年)7月18日竣功させた[1]

上述の趣旨通り、当初は東京海上火災保険会社、明治火災海上保険会社、明治生命保険会社がこれを本社と成し、同社は1915年(大正4年)7月31日をもって三菱よりこの地所・建物を買収した[1]1918年(大正7年)東京海上は東京・丸の内に東京海上ビルディングを建設したので退去して、以後は明治生命保険会社による単独使用となる運びとなったが、業務の膨張とともに狭隘を告げるに至ったので会社は隣接地所への増築を計画した[1]

然るに、会社はその設計を委嘱した岡田信一郎の意思をふまえて一体とした敷地に一建築を建てることとし、1930年(昭和5年)5月これを取り壊した[1]。そして1934年(昭和9年)、跡地において明治生命館の建築が成された。

建築概要[編集]

設計はジョサイア・コンドル曽禰達蔵がこれにあたった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『丸の内百年のあゆみ-三菱地所社史』 上巻125-127頁、391-394頁、資料・年表・索引189頁、360頁

参考文献[編集]

  • 『東京海上火災保険株式会社六十年史』 東京海上火災保険株式会社、昭和15年(1940年)。
  • 三菱地所株式会社社史編纂室編 『丸の内百年のあゆみ-三菱地所社史』 三菱地所株式会社、平成5年(1993年)。