明治神宮外苑軟式グラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明治神宮外苑軟式グラウンド
神宮軟式球場
明治神宮外苑軟式グラウンド(2008年撮影)
明治神宮外苑軟式グラウンド(2008年撮影)
施設データ
所在地 東京都新宿区霞ヶ丘町2-3
座標 北緯35度40分36.1秒 東経139度43分3.4秒 / 北緯35.676694度 東経139.717611度 / 35.676694; 139.717611座標: 北緯35度40分36.1秒 東経139度43分3.4秒 / 北緯35.676694度 東経139.717611度 / 35.676694; 139.717611
グラウンド 人工芝1面・天然芝5面
使用チーム • 開催試合
軟式野球トーナメント(3月〜10月まで、毎月開催)
収容能力
グラウンドデータ
球場規模 面積:約4ha(東京ドーム1個分)

明治神宮外苑軟式グラウンド(めいじじんぐうがいえんなんしきグラウンド)は、東京都新宿区霞ヶ丘町にあるグラウンドである。軟式グラウンドという名称だが、使用種目は、軟式野球の他にソフトボールキックベースティーボールがある。なお、硬球は一般市民の使用に関しては使用できない。

球場[編集]

この中には、天然芝5面(日の丸・ヒマラヤ・桜・ケヤキ・大銀杏)、人工芝1面(コブシ)の計6面で形成されている。各々のグラウンドにはフェンス等の境はない。

※コブシ球場(人工芝)では、稀に東京ヤクルトスワローズの選手たちが練習に来ることがある。これは、神宮球場・第2球場とも学生野球が使用順位で優先されることによるもので、学生野球シーズンは試合前の練習ができないためであるのと、第2球場は野球の試合がない場合はゴルフの練習所として使われ、一般開放していないためである。

レンタル用品[編集]

このグラウンドでは、バットグローブミットキャッチャーマスクスパイクを1個500円で販売している。ただし、予約は受け付けていない。

売店[編集]

軟式売店では、軟式野球用ボールの他、ストッキングベルトなどの運動用品の販売をしている。また、飲料弁当の販売、スワローズグッズの販売もしている。

イベント[編集]

神宮外苑花火大会の会場として使用される。(コンサートのステージとセット)定員25,000名。

また、旧国立競技場で行われた、1964年東京オリンピック[1]、並びに1991年世界陸上競技選手権大会[2]の開催時には、この軟式グラウンドの一部を仮設の補助トラックに改装したことがあった[3]2020年に予定される東京オリンピックの時も、同様に仮設トラックを設置する予定である。

アクセス[編集]

電車

出典[編集]

  1. ^ 神宮球場・球場史(昭和29年~)
  2. ^ 新国立競技場 新計画にはサブトラック常設案を - スポニチ、2015年7月21日
  3. ^ 本来日本陸上競技連盟第1種公認のトラックとして認定するには、第3種公認トラック相当の補助競技場の設置が義務付けられているが、旧国立競技場にはその付帯補助トラックがないためによる。なお旧国立の隣接地には東京体育館付属の陸上トラック(直線100m、1周200m×5レーン)、また神宮外苑に接する代々木公園にも代々木公園陸上競技場(第3種公認・直線100m、1周400m×8レーン)があり、それを補助トラックとみなすことで、第1種公認を受けていた。