明治神宮野球大会北海道地区代表決定戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
明治神宮野球大会
北海道地区代表決定戦
創立 2009
参加チーム 2
日本の旗 日本
前回優勝 星槎道都大学 (5回目)
苫小牧駒澤大学 (初)
最多優勝 星槎道都大学 (5回)

明治神宮野球大会北海道地区代表決定戦とは、明治神宮野球大会大学の部の出場権獲得をかけて、北海道学生野球連盟秋季リーグ1部優勝チームと札幌学生野球連盟秋季リーグ1部優勝チームが対戦する大会である。北海道野球連盟は、北海道サッカー協会北海道バスケットボール協会と協定を締結している。

歴史[編集]

大会方式の歴史[編集]

  • 2009年 - 1戦先勝方式で創設。
  • 2010年 - 2戦先勝方式に変更。
  • 2020年 - 新型コロナウイルス感染拡大防止のため明治神宮野球大会が中止となり、2戦先勝方式の北海道地区代表決定戦ではなく1試合制の北海道地区王座決定戦として行われた。

北海道代表選出方法の歴史[編集]

  • 1970年-1971年北海道地区大学野球連盟から優勝チームが出場。
  • 1972年-1980年:北海道地区大学野球連盟と北部地区大学野球連盟の優勝チームによる明治神宮野球大会東北・北海道地区代表決定戦。優勝チームが東北・北海道地区代表として出場。
  • 1981年-1986年:北海道学生野球連盟と北部地区大学野球連盟による隔年出場枠方式。
  • 1987年-1990年:隔年出場枠方式を廃止、北海道地区大学野球連盟と北部地区大学野球連盟の優勝チームによる明治神宮野球大会北部・北海道地区代表決定戦が復活。優勝チームが北部・北海道地区代表として出場。
  • 1991年-1995年:名称を明治神宮野球大会北海道・東北地区代表決定戦に変更。優勝チームが北海道・東北地区代表として出場。
    • 1991年秋季よりリーグが分割したことに伴い北海道代表は北海道学生野球連盟の優勝チームと札幌学生野球連盟の優勝チームによる明治神宮野球大会北海道地区代表決定戦を行う。優勝チームが北海道地区代表として出場。
  • 1996年-2008年:名称を明治神宮野球大会北海道・東北地区大学野球王座決定戦に変更。優勝チームが北海道・東北地区5連盟代表として出場。
    • 北海道地区からの出場校は各リーグの優勝チームが出場。
  • 2009年-現在:出場枠増に伴い明治神宮野球大会北海道・東北地区代表決定戦が廃止、北海道地区と東北地区にそれぞれ出場枠が与えられ北海道地区に37年ぶりに通年の単独代表枠が復活。現在の明治神宮野球大会北海道地区代表決定戦が創設。優勝チームが北海道地区2連盟代表として出場。

出場校[編集]

  • 北海道学生野球連盟秋季リーグ1部優勝チーム
  • 札幌学生野球連盟秋季リーグ1部優勝チーム

開催地[編集]

  • 札幌学生野球連盟の開催時は、どの出場校でも札幌円山球場で試合が開催される(西暦の奇数年は札幌学生野球連盟の開催年、西暦の偶数年は北海道学生野球連盟の開催年)。
  • 北海道学生野球連盟の開催時は、出場校の所在地により試合を開催する球場が異なる(西暦の奇数年は札幌学生野球連盟の開催年、西暦の偶数年は北海道学生野球連盟の開催年[1])。

北海道地区代表決定戦 (結果)・全国大会 (成績)[編集]

北海道地区代表決定戦[編集]

歴代優勝[編集]

  • 太字は優勝チーム
年度 北海道学生野球連盟 札幌学生野球連盟 開催球場 備考
1 2009年 函館大学
(1勝0敗0分)
北海学園大学
(0勝1敗0分)
札幌円山球場
2 2010年 東京農業大学生物生産学部
(2勝1敗0分)
道都大学
(1勝2敗0分)
網走呼人球場
3 2011年 函館大学
(2勝0敗0分)
北翔大学
(0勝2敗0分)
札幌円山球場
4 2012年 東京農業大学北海道オホーツク
(0勝2敗0分)
道都大学
(2勝0敗0分)
網走呼人球場
5 2013年 東京農業大学北海道オホーツク
(0勝2敗0分)
道都大学
(2勝0敗0分)
札幌円山球場
6 2014年 東京農業大学北海道オホーツク
(2勝1敗0分)
道都大学
(1勝2敗0分)
網走呼人球場
7 2015年 東京農業大学北海道オホーツク
(0勝2敗0分)
道都大学
(2勝0敗0分)
札幌円山球場
8 2016年 旭川大学
(1勝2敗0分)
東海大学北海道キャンパス
(2勝1敗0分)
あいべつ球場
9 2017年 函館大学
(0勝2敗0分)
星槎道都大学
(2勝0敗0分)
札幌円山球場
10 2018年 函館大学
(2勝1敗0分)
星槎道都大学
(1勝2敗0分)
函館オーシャンスタジアム
11 2019年 東京農業大学北海道オホーツク
(1勝2敗0分)
東海大学札幌キャンパス
(2勝1敗0分)
札幌円山球場
12 2020年 苫小牧駒澤大学
(0勝0敗1分)
星槎道都大学
(0勝0敗1分)
苫小牧とましんスタジアム 新型コロナウイルスにより明治神宮野球大会中止

出場チーム成績[編集]

  • 太字は優勝年度
北海道学生野球連盟
大学 出場回数 優勝回数 出場年度 備考
函館大学 4回 3回 20092011・2017・2018
東京農業大学
北海道オホーツク
6回 2回 2010・2012・2013・2014・2015・2019 旧名称(東京農業大学生物産業学部)での出場及び優勝を含む(出場1回・優勝1回)
苫小牧駒澤大学 1回 1回 2020
旭川大学 1回 0回 2016
札幌学生野球連盟
大学 出場回数 優勝回数 出場年度 備考
星槎道都大学 8回 5回 2010・20122013・2014・20152017・2018・2020 旧名称(道都大学)での出場及び優勝を含む(出場5回・優勝3回)
東海大学
札幌キャンパス
2回 2回 20162019 旧名称(東海大学北海道キャンパス)での出場及び優勝を含む(出場1回・優勝1回)
北海学園大学 1回 0回 2009
北翔大学 1回 0回 2011

全国大会[編集]

明治神宮野球大会の成績[編集]

  • 選手権大会=全日本大学野球選手権大会、神宮大会=明治神宮野球大会(北海道地区大学野球連盟時代も含む)。
  • (注1):北海道地区大学野球連盟時代の8回出場を含む。
  • (注2):北海道地区大学野球連盟(北海道産業短期大学)時代の2回出場を含む。
  • (注3):北海道地区大学野球連盟時代の2回出場を含む。
北海道学生野球連盟
大学 結果
函館大学 出場:3回
最高:初戦
東京農業大学北海道オホーツク
(旧:東京農業大学生物産業学部)
出場:2回
最高:4強
旭川大学 出場:1回
最高:初戦
札幌学生野球連盟
大学 結果
札幌大学 出場:8回(注1)
最高:4強
星槎道都大学
(旧:道都大学)
出場:6回(注2)
最高:準優勝
東海大学札幌キャンパス

(旧:東海大学北海道キャンパス)

出場:2回
最高:8強
北海学園大学 出場:2回(注3)
最高:初戦

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 過去の実績として、東京農業大学北海道オホーツク出場時は網走呼人球場、旭川大学出場時はあいべつ球場、函館大学出場時は函館オーシャンスタジアム苫小牧駒澤大学出場時は苫小牧とましんスタジアムで開催した。

関連項目[編集]