明眸罪あり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明眸罪あり
The Temptress
監督 フレッド・ニブロ
脚本 ドロシー・ファーナム
原作 ビセンテ・ブラスコ・イバニェス
製作 アーヴィング・タルバーグ(ノンクレジット)
出演者 グレタ・ガルボ
アントニオ・モレノ
撮影 ウィリアム・H・ダニエルズ
トニー・ガウディオ
編集 ロイド・ノズラー
製作会社 コスモポリタン・プロダクション/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 ヤマニ洋行
公開 アメリカ合衆国の旗 1926年10月3日
日本の旗 1927年8月
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント・英語中間字幕
製作費 約669,000ドル
配給収入 587,000ドル(北米)
378,000ドル(海外)[1]
テンプレートを表示

明眸罪あり』(めいぼうつみあり、原題:英語: The Temptress)は、1926年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

ビセンテ・ブラスコ・イバニェスの小説の映画化であり、マウリッツ・スティルレルからフレッド・ニブロに監督が引き継がれ、グレタ・ガルボとアントニオ・モレノが主演した。

ガルボのメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)専属二作目の出演作である。

キャスト[編集]

  • エレナ:グレタ・ガルボ
  • マヌエル:アントニオ・モレノ
  • フォントノワ:マーク・マクダーモット
  • カントラック:ライオネル・バリモア

スタッフ[編集]

  • 監督:フレッド・ニブロ、マウリッツ・スティルレル(ノンクレジット)
  • 製作:アーヴィング・タルバーグ(ノンクレジット)
  • 脚色:ドロシー・ファーナム
  • 撮影:ウィリアム・H・ダニエルズ、トニー・ガウディオ
  • 編集:ロイド・ノズラー
  • 衣裳:アンドレ=アニ
  • 装置:ジェームズ・バセヴィ、セドリック・ギボンズ

脚注[編集]

  1. ^ "The Eddie Mannix Ledger". Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study