明礼輝三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明礼輝三郎

明礼 輝三郎(明禮、みょうれい てるさぶろう、1895年明治28年)1月5日[1][2]1954年昭和29年)12月16日[1][2][3]) は、日本の弁護士政治家衆議院議員

経歴[編集]

愛媛県喜多郡満穂村論田(現内子町)で明礼善助の長男として生まれた[1][2]。1921年、日本大学法律科を卒業した[1][2][3]。弁護士となり、1936年に東京弁護士会副会長に就任した[1][2][3]。その他、日本弁護士協会理事、日満法曹協会理事、大東亜法曹協会理事などを務めた[3]

戦後、1947年4月の第23回衆議院議員総選挙自由党公認で愛媛県第3区から出馬して当選[1][2][3]第24回総選挙では落選したが[1][2]、1952年10月の第25回総選挙で再選された[1][2][3]。1953年4月の第26回総選挙で落選し、衆議院議員に2期在任した[1][3]。この間、衆議院懲罰委員会委員長、同考査特別委員会顧問、同委員会事務局長を務めた[3]

著作[編集]

編著
  • 『スト騒擾事件の顛末 : 考査特別委員会の報告』労務行政研究所、1949年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『愛媛県史 人物』610頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『愛媛県百科大事典』下、551頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』634頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『愛媛県史 人物』愛媛県史編纂委員会、1989年。
  • 『愛媛県百科大事典』下、愛媛新聞社、1985年。

関連項目[編集]