明色ものまね歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明色ものまね歌合戦
ジャンル ものまね歌謡バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
出演者 三遊亭歌奴
人見明
林家三平 (初代)
楠トシエ
明色ものまね歌合戦
放送時間 火曜19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1964年10月27日 - 1967年10月3日
明色ものまね合戦
放送時間 火曜19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1967年10月10日 - 1969年4月1日
明色 紅白ものまね合戦
放送時間 火曜19:00 - 19:30
放送期間 1969年4月8日 - 1970年1月27日

特記事項:
桃谷順天館一社提供
テンプレートを表示

明色ものまね歌合戦』(めいしょくものまねうたがっせん)は、1964年10月27日から1967年10月3日まで毎日放送制作・NET(現:テレビ朝日)系列の火曜19:00 - 19:30(JST)に放送されたものまね歌謡バラエティ番組である。桃谷順天館一社提供

ここでは、後身の『明色ものまね合戦』( - がっせん)と『明色 紅白ものまね合戦』( - こうはく - )についても述べる。

概要[編集]

歌謡曲やポピュラーソングなどのものまねで競う、勝ち抜き歌合戦。毎回5名の出場者がものまねを競い、その中の最高得点者が前週の「ものまねスター」(つまりチャンピオン)と争う。

TBS系列で放送中の『歌まね読本』に対抗して開始した番組で、当番組の売りは、出場者の最高得点者がチャンピオンと戦うという事である。また毎回ゲストが登場、ゲストと出場者が一緒に歌うというコーナーも有った。

ものまね番組としては好評となり、その後各局でも同系列の番組が開始する様となる。

なおその後は、タイトルを改題すると共に内容も色々と変更、『紅白ものまね合戦』では勝ち抜き形式から紅白対抗形式へと変更した。

通算5年4ヶ月間の長期に渡って放送された。

タイトルの変遷[編集]

司会[編集]

備考[編集]

  • 当番組のオープニングキャッチは、テクラ・バダジェフスカ作曲『乙女の祈り』が流れる中、「この番組は、明色化粧品販売元、桃谷順天館の提供でお送り致します。」というナレーションで行った。
  • 桃谷順天館のホームページ(沿革(歴史絵巻))にも写真が掲載されている。

参考資料[編集]

毎日放送制作・NET系列 火曜19時台前半枠
【当番組より桃谷順天館一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
笑いの学校

単発特番
つなぎ番組
明色ものまね歌合戦

明色ものまね合戦

明色 紅白ものまね合戦