明観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
本来の表記は「明觀」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

明觀(みょうかん、天暦7年(953年) - 治安元年10月8日1021年11月15日))は平安時代中期の真言宗醍醐天皇の曾孫で佐忠王の子だという[1]が、諸系図類には記載がないため詳細な系図は不明。醍醐寺11世座主御齋所座主と号す。

醍醐寺の観理・元杲・慶助らに師事して永観2年(984年)4月5日に伝法を受けた。長徳4年(998年)に慶助の後を継いで醍醐寺座主に就任。寛仁2年12月26日(1019年2月3日)座主職を覚源に譲り、治安元年(1021年)10月8日に入寂した。享年69。

脚注[編集]

  1. ^ 『醍醐報恩院血脈』の「俗姓延喜孫子佐忠王息」によるが、『醍醐寺座主次第』では佐忠王が明観本人の俗名であるとする。また同史料では佐忠王を源高明の子という説を挙げる。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社(2001)