明豊中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明豊中学・高等学校
Beppu meiho high school.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人別府大学
併合学校 明星中学校
明星高等学校
別府大学附属高等学校
設立年月日 1908年(明治41年)4月12日(豊州女学校開設)
1999年3月(設立認可)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
通信制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
衛生看護科
学科内専門コース 普通科特別進学コース
普通科総合進学コース
専攻科 看護科(専攻科)
学期 3学期制
高校コード 44517H
所在地 874-0903
大分県別府市野口原3088番地
外部リンク 明豊中学・高等学校公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

明豊中学校・高等学校(めいほうちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大分県別府市野口原にある私立中学校高等学校

概要[編集]

2001年(平成13年)4月、別府大学附属高等学校を運営していた学校法人別府大学と明星(みょうじょう)中学・高等学校を運営していた学校法人明星学園の合併によって発足した。校名は明星学園の「明」と別府大学の旧称の豊州女学校の「豊」を合わせたもの。

卓球部、野球部、剣道部、女子バスケットボール部が全国レベルである。

沿革[編集]

別府大学附属高等学校[1][編集]

  • 1908年4月12日 - 豊州女学校開校
  • 1927年1月26日 - 豊州女学校廃校 昭和女学院が継承
  • 1929年3月25日 - 昭和実践女学校に校名変更
  • 1938年4月1日 - 再び豊州女学校に校名変更
  • 1939年4月1日 - 豊州高等女学校に校名変更
  • 1941年4月20日 - 財団法人豊州高等女学校設立認可
  • 1948年4月 - 学制改革により大分女子高等学校に校名変更
  • 1950年4月 - 自由ヶ丘高等学校に校名変更 男女共学化 現在地へ移転
  • 1951年2月 - 財団法人豊州高等女学校から学校法人佐藤学園へ組織変更認可
  • 1958年4月1日 - 別府大学附属高等学校に校名変更
  • 1964年 - 通信制課程を設置 大分県で当時唯一の私立高等学校通信制課程
  • 1997年5月 - 学校法人佐藤学園から学校法人別府大学へ名称変更
  • 1999年 - 全日制生徒募集停止
  • 2001年3月 - 閉校 通信制課程は明豊高等学校に移管

明星中学・高等学校[2][編集]

明豊中学・高等学校[編集]

  • 1998年8月 - 学校法人別府大学と学校法人明星学園が合併認可 存続法人は学校法人別府大学
  • 1999年4月 - 明豊中学校・明豊高等学校開校

設置形態[編集]

  • 中学校
  • 高等学校

全日制の普通科には特別進学コースと総合進学コースがあるが、総合進学コースは、「体育」、「文理」、「情報・経営」コースへと分かれる。

教育方針[編集]

校歌[編集]

  • 校歌: 『明日への旅』(作詞: 南育代、作曲: 南こうせつ

大分県出身のフォーク歌手南こうせつの作曲で、校歌には珍しく現代歌謡曲のような曲調が特徴的である。選抜高等学校野球大会全国高等学校野球選手権大会大分県予選で流れるバージョンは、南こうせつ本人が歌唱している。

著名な出身者[編集]

別府大学附属高等学校出身[編集]

明星高等学校出身[編集]

明豊高等学校出身[編集]

関連校[編集]

学校周辺[編集]

関連項目[編集]

脚注及び参照[編集]

[ヘルプ]