明野団地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

明野団地(あけのだんち)は、大分県大分市の市街地東部にある住宅団地である。

概要[編集]

1959年からの大分臨海工業地帯の開発、及び、1964年新産業都市指定に伴い進出する企業の従業員の住宅地として、新住宅市街地開発法の適用を受けた新住宅市街地開発事業により、大分臨海工業地帯の後背地である明野台地に建設された。開発面積185万m2、計画戸数6,500戸の大分県内では最大規模の住宅団地である。

かつては原野であったが、第二次世界大戦後に入植が行われ、治村猪の一部であったことから、明野と名付けられた。また、明野には「拓かれた野」という意味もあるとされる[1]

開発の経緯を受けて、公営住宅・分譲マンションのほか、新日本製鐵(現,新日鉄住金[5401])及びその関連企業(昭和電工[4004]、JX日鉱日石エネルギー(現,JXTG[5020]など)の社宅も多数存在することが特徴であり、居住者は、転勤による大分県外からの転入者が多く、県外からの転入者が約4割を占めた[2]

ピーク時の2001年には人口が約2万4千人を数えたが、以後は減少傾向にあり、2014年5月末時点の人口は22,493人。また、高齢化が進行し、地区内にある小学校3校の児童数は最盛期の半分以下になっている[3]。最近になり、老朽化した企業社宅を取り壊し、跡地に戸建て住宅を建設するという新しい試みも行われている。

人口[編集]

  • 世帯数 - 9,385世帯
  • 人口 - 22,493人

(明野地区、2014年5月末現在)[4][3]

沿革[編集]

  • 1965年(昭和40年)11月[3] - 大分県住宅供給公社によって明野第1工区(旧・明野緑町)から造成に着手。
  • 1967年(昭和42年) - 明野第1工区への入居開始。明野第2工区造成開始。
  • 1968年(昭和43年) - 明野第3工区造成開始。
  • 1969年(昭和44年) - 明野第4工区及び明野第6工区造成開始。
  • 1971年(昭和46年) - 明野第5工区及び明野第7工区造成開始。

施設[編集]

教育[編集]

商業施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 梅木秀徳『各駅停車・大分県歴史散歩 ふるさとの駅』 (7)鶴崎・大在 (PDF) 大分合同新聞社、2007年4月13日
  2. ^ 大分市における住宅団地の開発と高齢化 (PDF) 土居晴洋・久保和津代・板井美奈、大分大学教育福祉学部研究紀要 31(1), 13-28, 2009-04
  3. ^ a b c 「開発50年」来年へ団結 活性化目指し協議会 大分合同新聞、2014年6月12日
  4. ^ 人口データ 地区別人口・世帯数(本年分) 大分市