易州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

易州(えきしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から民国初年にかけて、現在の河北省保定市一帯に設置された。

隋代[編集]

581年開皇元年)、隋により易州が立てられ、下部に1郡3県を管轄した。583年(開皇3年)、隋が郡制を廃すると、易州の属郡の昌黎郡は廃止された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、易州は上谷郡と改称され、下部に6県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
易州 幽州 蔚州 上谷郡
昌黎郡 范陽郡 霊丘郡 易県 遂城県 永楽県
遒県 淶水県 飛狐県
新昌県 永楽県
遒県
范陽県 広昌県

唐代[編集]

621年武徳4年)、竇建徳を滅ぼすと、上谷郡は易州と改められた。742年天宝元年)、易州は上谷郡と改称された。758年乾元元年)、上谷郡は易州の称にもどされた。易州は河北道に属し、易・遂城・淶水・容城満城五迴の6県を管轄した[2]

五代のときには、易州は定州節度使に属した。

宋代[編集]

989年統和7年)、北宋から易州を奪取し、高陽軍が置かれた。遼の易州は南京析津府に属し、易・淶水・容城の3県を管轄した[3]

1122年宣和4年)、が易州を北宋に返還した。北宋の易州は燕山府路に属し、易・淶水・容城の3県を管轄した[4]

1125年天会3年)、北宋の易州戍将の韓民毅が金に降った[5]。金の易州は中都路に属し、易・淶水の2県を管轄した[6]

元代[編集]

1239年モンゴル帝国により易州は順天府に属した。1273年至元10年)、により易州は大都路に転属した。1286年(至元23年)、易州は保定路に転属した。易州は易・淶水・定興の3県を管轄した[7]

明代以降[編集]

のとき、易州は保定府に属し、淶水県を管轄した[8]

1733年雍正11年)、により易州は直隷州に昇格した。易州直隷州は直隷省に属し、淶水・広昌の2県を管轄した[9]

1913年中華民国により易州は廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志中
  2. ^ 旧唐書』地理志二
  3. ^ 遼史』地理志四
  4. ^ 宋史』地理志六
  5. ^ 金史』太宗紀
  6. ^ 『金史』地理志上
  7. ^ 元史』地理志一
  8. ^ 明史』地理志一
  9. ^ 清史稿』地理志一