易感染宿主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

易感染宿主(いかんせん・しゅくしゅ、: compromised host)は、免疫力の低下により、通常では感染することなく生体に症状が出ない微生物によっても、容易に感染を起こし、臓器機能障害・症状が出やすい状態になった人のことをいう[1]。一般的に臨床の現場では、英語読みのコンプロマイズド・ホストという言葉が使われる[2]

常在菌と呼ばれる一部の細菌は、ヒトの体表・体内に住み着いていても、通常は共生し影響を及ぼさない。しかし、易感染宿主では、障壁(バリア)を突破し、臓器へ影響を与えながら増殖する。

免疫力の低下が強い場合には、無菌状態におかれる必要がある。ただし、それでも日和見感染に代表される病気を含めて完全にあらゆる病気を防ぐことができるわけではない。もちろん、こういった患者は面会禁止の措置がとられる。また、コンプロマイズドホストは、難治性感染症に罹患しやすいほか、院内感染症の被害になりやすく、それに関する問題も度々起きている。

易感染宿主となる原因[編集]

易感染性宿主にみられる代表的感染症(日和見感染)[編集]

その他の真菌感染症
その他の細菌感染症
その他のウイルス感染症

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 健康用語の基礎知識 - 今、気になる健康用語”. ヤクルト中央研究所. 2021年3月30日閲覧。
  2. ^ 用語集 - 日和見感染”. 公益財団法人 腸内細菌学会. 2021年3月30日閲覧。