星になった嘘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
星になった嘘
山下久美子シングル
初出アルバム『BLONDE
B面 Will Be True, Will Be Blue
リリース
規格 EPレコード
ジャンル ロック
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 竹花いち子(作詞)
亀井登志夫(作曲)
チャート最高順位
山下久美子 シングル 年表
瞳いっぱいの涙
1985年
星になった嘘
(1985年)
FLIP FLOP & FLY
1986年
テンプレートを表示

星になった嘘」(ほしになったうそ)は、1985年10月21日に、日本コロムビアからリリースされた山下久美子の12枚目のシングル。

作品概要[編集]

前作「瞳いっぱいの涙」から、約10ヶ月ぶりとなるシングルで、アルバム『BLONDE』の先行シングル。アルバムには「星になった嘘」のアルバムバージョンが収録されている。

「星になった嘘」のギター演奏は、当時BOØWYのメンバーとして活動していた布袋寅泰である[1]

B面の「Will Be True, Will Be Blue」は、アルバム『BLONDE』未収録で、1992年にリリースされたベスト・アルバムSweet-est』にて初収録且つ初CD化された。

収録曲[編集]

EPレコード[1]
全編曲: 吉田建国吉良一
#タイトル作詞作曲時間
1.星になった嘘竹花いち子亀井登志夫
2.Will Be True, Will Be Blue吉田建吉田建
合計時間:

カバー[編集]

曲名 アーティスト 収録作品 発売日 備考
星になった嘘 バニラビーンズ シングル「トキノカケラ」[2] 2012年1月18日 「レナ バージョン」に収録されている。

脚注[編集]

注釈[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 山下久美子* - 星になった嘘”. Discogs. 2020年5月5日閲覧。
  2. ^ バニラビーンズ、ニュー・シングルで山下久美子をカヴァー”. BARKS (2011年12月12日). 2021年1月2日閲覧。