星の子館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 星の子館
施設情報
開館 1992年5月1日
所在地 671-2222
日本の旗 日本 兵庫県姫路市青山1470番地24
位置 北緯34度51分9.8秒
東経134度37分43.1秒
外部リンク https://ssl.himeji-hoshinoko.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

星の子館(ほしのこやかた)は、兵庫県姫路市にある宿泊型の科学児童館である。設計は安藤忠雄[1][2]1992年に開館した。天文台施設に口径90センチ反射望遠鏡があることで知られる。

宿泊者は、好天ならば望遠鏡で天体を眺めることができ、曇天の時などでも望遠鏡の見学ができる。また、昼間でも惑星観測会を行っている。安藤忠雄設計の宿泊施設では、一番安価で宿泊できる施設である。

施設概要[編集]

  • 展示室「コスモルーム」
  • 図書室
  • 天文教室「てんもんルーム」
  • プレイルーム
  • トレーニングルーム
  • 宿泊施設(10畳×11室、20畳×2室)
  • 会議室
  • レストラン「キラキラ★レストラン」
  • 大浴場
  • 別館(なかよしホール)

所在地[編集]

  • 671-2222 兵庫県姫路市青山1470番地24

近隣には、日本最大級プラネタリウムがある総合科学館姫路科学館」、兵庫県立こどもの館(安藤忠雄設計)、自然観察の森などがある。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 星の子館・建築デザインを楽しむ”. 2016年9月3日閲覧。
  2. ^ カーサ ブルータス編集部『Casa BRUTUS特別編集 安藤忠雄 ザ・ベスト』マガジンハウス、2014年、141頁。

関連項目[編集]