星ひかる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほし ひかる
星 ひかる
星 ひかる
1920年代ころ
本名 内藤 明 (ないとう あきら、出生名)
湯澤 明 (ゆざわ あきら、婚姻時)
別名義 星 光 (ほし ひかる)
湯浅 豪啓 (ゆあさ ひでひろ)
生年月日 (1907-10-26) 1907年10月26日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市神田区錦町(現在の東京都千代田区神田錦町
職業 俳優映画監督脚本家
ジャンル 劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1924年 - 1969年
配偶者
著名な家族 東日出子(実母)
湯浅憲明(息子)
主な作品
『全部精神異状あり』
『たゝかれ亭主』
エロ神の怨霊

星 ひかる(ほし ひかる、1907年10月26日 - 没年不詳)は、日本の俳優映画監督脚本家である[1][2][3][4]。本名は湯澤 明(旧姓内藤[1][2][4]。旧芸名は星 光(ほし ひかる)[1][2][3][4]湯浅 豪啓(ゆあさ ひでひろ)[3]斎藤寅次郎監督の松竹蒲田撮影所名物「蒲田ナンセンスコメディー」を始め多数の喜劇映画に出演し、戦後は東横映画大映東京撮影所の脇役として知られる[1][2]。特技は漫談、趣味は競馬[4]

来歴・人物[編集]

1907年(明治40年)10月26日東京府東京市神田区錦町(現在の東京都千代田区神田錦町)に生まれる[1][2][3][4]。母親は初期の帝国劇場女優として活躍した東日出子(本名内藤治子、1893年 - 1943年)である[1]

郁文館中学校(現在の郁文館高等学校)在学中の1924年(大正13年)5月松竹蒲田撮影所へ入社[1][2]1925年(大正14年)、星光名義で牛原虚彦監督映画『恋の選手』でデビューして、後に中学校を卒業[1][2][3][4]。以後、牛原、大久保忠素両監督に認められる。やがて五所平之助監督映画で飯田蝶子八雲恵美子田中絹代と共演するが、1928年(昭和3年)1月に退社して東京の目黒輜重兵第一大隊に入隊[1]する。

1929年(昭和4年)1月に除隊し、再び松竹蒲田撮影所に入社。斎藤寅次郎監督の蒲田ナンセンスコメディの主要人物として、同年の映画『全部精神異状あり』や1930年(昭和5年)の映画『たゝかれ亭主』で主演を務める[1][2]。同年4月、西尾佳雄監督映画『續・愛して頂戴』より星ひかると改名[1][3][4]。以後、西尾監督映画『嫁入読本』『尻に敷かれて』、小津安二郎監督映画『エロ神の怨霊』、佐々木恒次郎監督映画『カフェーの夫婦』と立て続けに主演し、大活躍する。1931年(昭和6年)2月の佐々木監督映画『公認駈落商売』で主演したのちに退社し、河合映画社に迎えられて入社する[1][3]。同年3月田中重雄監督の第一作『たぬきと精神病患者』で主演第一号となり、以後、『裏町天国』『春よお前は罪つくり』『花に浮かれて』『恋じや生命は捨てかねる』『弱き者よ汝の名は女なり』『海の狂人』『矛盾』『好男子異状あり』と立て続けに主演を務めた。しかし同年10月、自ら原作・脚本を手掛けた映画『夢吉よお気の毒様』を最後に退社する[1][3]

1932年(昭和7年)4月日活太秦撮影所へ入社して山本嘉次郎監督映画『細君新戦術』を始め、多数の現代劇時代劇に出演[1][2][3]。当時、同撮影所には杉狂児田村邦男関時男吉谷久雄などの喜劇俳優が揃い、賑やかなコメディを展開。その中でも杉とは1934年(昭和9年)の大谷俊夫監督映画『可愛い女房』、日活多摩川撮影所移籍後には渡辺邦男監督映画『前線部隊』で共演している。1935年(昭和10年)以降は脇役に回るが、1938年の映画『路傍の石』忠助役など、シリアスな作品にも好演を見せた。1942年(昭和17年)、統合によって大映に所属[1][2]

終戦後の1947年(昭和22年)、松竹京都撮影所製作の高木孝一監督映画『モデルと若様』で映画界復帰を果たし、同撮影所や東横映画などで活躍[1][2]1951年(昭和26年)、大映東京撮影所と専属契約し、ここでも多数の現代劇時代劇に出演[1][2]1969年(昭和44年)に公開された井上芳夫監督映画『女賭博師さいころ化粧』が最後の出演作であり、1971年(昭和46年)の大映倒産まで在籍していたが、以後の消息は明らかになっていない[1][2]没年不詳

大怪獣ガメラ』などを手掛けた映画監督湯浅憲明(本名同じ、1933年 - 2004年)は息子にあたる[5]

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 恋の選手(1925年、松竹蒲田
  • コレラ征伐(1925年、松竹蒲田)
  • 征服者(1925年、松竹蒲田)
  • 当世玉手箱(1925年、松竹蒲田)
  • 乃木大将伝(1925年、松竹蒲田) - 阪谷伍長
  • 愛の力は雪でも溶す(1926年、松竹蒲田)
  • 夢の浮橋(1926年、松竹蒲田) - 雇人勝太
  • お坊ちやん(1926年、松竹蒲田) - 社員・滝口一郎
  • ヴェニスの船唄(1926年、松竹蒲田)
  • 夢の小判娘白ま浪(1926年、松竹蒲田)
  • 女房礼讃(1926年、松竹蒲田)
  • 恋の闖入者(1926年、松竹蒲田)
  • 彼女(1926年、松竹蒲田)
  • 涙の笑顔(1927年、松竹蒲田)
  • からくり娘(1927年、松竹蒲田) - 女工勧誘員
  • 髑髏の踊り(1927年、松竹蒲田) - 同八さん
  • 秋草燈籠(松竹蒲田) - 猫を見た男
    • お露の巻(1927年)
    • 小萩の巻(1927年)
  • おかめ(1927年、松竹蒲田)
  • 浮気征伐(1928年、松竹蒲田)
  • 好きなればこそ(1928年、松竹蒲田)
  • 村の花嫁(1928年、松竹蒲田) - 行商人研安
  • 全部精神異状あり(1929年、松竹蒲田) - 松吉
  • たゝかれ亭主(1930年、松竹蒲田)
  • 續・愛して頂戴(1930年、松竹蒲田)
  • 好きで一緒になったのよ(1930年、松竹蒲田)
  • 嫁入読本(1930年、松竹蒲田)
  • 尻に敷かれて(1930年、松竹蒲田)
  • エロ神の怨霊(1930年、松竹蒲田) - 石川大九郎
  • アラ!大漁だね(1930年、松竹蒲田)
  • カフェーの夫婦(1930年、松竹蒲田)
  • 若者よなぜ泣くか(1930年、松竹蒲田) - 新聞記者
  • 公認駆落商売(1931年、松竹蒲田)
  • たぬきと精神病患者(1931年、河合
  • 裏町天国(1931年、河合)
  • 春よお前は罪つくり(1931年、河合)
  • 花に浮かれて(1931年、河合)
  • 恋ぢや命を捨てかねる(1931年、河合)
  • 弱き者よ汝の名は女なり(1931年、河合)
  • 海の狂人(1931年、河合)
  • 矛盾(1931年、河合)
  • 好男子異状あり(1931年、河合)
  • 夢吉お気の毒様(1931年、河合)
  • 木曽路の鴉(1932年、日活太奏) - 疾風の由
  • 細君新戦術(1932年、日活太秦)
  • モダン・マダム行状記(1933年、日活太奏)
  • 彼女の道(1933年、日活太奏) - 兼太郎
  • 海棠やくざ(1933年、日活太奏)
  • 薩摩飛脚 剣光愛欲篇(1933年、日活太奏) - やらずの清吉
  • お前とならば(1933年、日活太奏)
  • 戯れに恋はすまじ(1933年、日活太奏) - 支那そばや親爺
  • 鼠小僧次郎吉(日活太奏) - 乾分辰公
    • 前篇 江戸の巻(1933年)
    • 中篇 道中の巻(1933年)
    • 後篇 再び江戸の巻(1933年)
  • 恋愛非常時(1933年、日活太奏)
  • 可愛い女房(1934年、日活太奏)
  • 母の微笑(1934年、日活太奏) - 松村の友人
  • 子供バンザイ(1934年、日活太奏) - 老医・竹井先生
  • 忠臣蔵 刃傷篇 復讐篇(1934年、日活京都) - 町人於兎
  • 前線部隊(1934年、日活多摩川) - 井上一等兵
  • 槍供養(1934年、日活京都) - 仲間可内
  • 嫁ぐ日(1934年、日活多摩川)
  • 乃木将軍(1935年、日活多摩川) - 車夫三四郎
  • 金色の蜃気楼(1935年、日活多摩川) - 米屋の源さん
  • 召集令(1935年、日活多摩川) - 亀吉
  • 恋愛人名簿(1935年、日活多摩川) - 熊崎
  • 海国大日本(1935年、日活・協同映画・太秦発声映画J.O.スタヂオ日本ビクター
  • 新女性大学(1935年、日活多摩川) - 秋山
  • 十二番の聖歌(1935年、日活多摩川) - 長尾
  • 人生天気予報(1935年、日活多摩川)
  • 緑の地平線(日活多摩川) - 仁吉
    • 前篇(1935年)
    • 後篇(1935年)
  • のぞかれた花嫁(1935年、日活多摩川) - コック
  • リングの王者(1935年、日活多摩川)
  • 雛妓と坊ちやん(1935年、日活多摩川)
  • 白衣の佳人(1936年、入江プロ) - 黒田健太郎
  • あなたと呼べば(1936年、日活多摩川)
  • 人生劇場(1936年、日活多摩川) - とん蝶
  • 口笛吹いて百万両(1936年、日活多摩川)
  • からくり歌劇(1936年、日活多摩川) - コック長
  • 隣の奥さん(1936年、日活多摩川) - 行商人
  • 高橋是清自伝(日活多摩川)
    • 前篇(1936年)
    • 後篇(1936年)
  • 東京ラプソディ(1936年、P.C.L.
  • 丹下左膳(日活京都) - 鼓の与吉
    • 日光の巻(1937年)
    • 愛憎魔剣篇(1937年)
    • 完結咆吼篇(1937年)
  • 恋愛べからず読本(1937年、日活多摩川)
  • 蒼氓(1937年、日活多摩川) - 門馬勝治
  • 母校の花形(1937年、日活多摩川)
  • 街の旋風(1937年、日活多摩川)
  • そんなの嫌ひ(1937年、日活多摩川)
  • 銃後の赤誠(1937年、日活多摩川)
  • 五人の斥候兵(1938年、日活多摩川) - 長野一等兵
  • 結婚の御注文(1938年、日活多摩川)
  • お菊ちゃん(1938年、日活多摩川)
  • 少年突撃隊(1938年、日活多摩川)
  • 忠臣蔵 地の巻 天の巻(1938年、日活京都)茶坊主珍賀
  • 春雨郵便(1938年、日活多摩川)
  • 海の護り(1938年、日活多摩川) - 内山整備兵
  • 東京千一夜(1938年、日活多摩川)
  • 新生活設計図(1938年、日活多摩川)
  • 祖国の花嫁(1938年、日活多摩川)
  • 空襲(1939年、日活多摩川)
  • 光われ等と共に(1939年、日活多摩川)
  • 沃土万里(1940年、日活多摩川) - 中津木
  • 町の魂(1940年、日活多摩川)
  • 暢気眼鏡(1940年、日活多摩川) - 大観堂主人
  • 人情ぐるま(1940年、日活多摩川)
  • 新婚の道草(1940年、日活多摩川)
  • 転落の詩集(1940年、日活多摩川)
  • 百万円の人生(1941年、日活多摩川)
  • 海の見える家(1941年、日活多摩川)
  • 或る日の隣組(1941年、日活多摩川)
  • 英雄峠(1941年、日活京都) - 瓦版浅太郎
  • 海の母(1942年、日活多摩川) - 伯父卯平
  • 将軍と参謀と兵(1942年、日活多摩川) - 管理部岩井大尉
  • 山参道(1942年、大映第二) - 喜平
  • シンガポール総攻撃(1943年、大映第二) - 小島一等兵
  • 重慶から来た男(1943年、大映東京) - 岩田徳太郎
  • モデルと若様(1947年、松竹京都
  • こころ月の如く(1947年、東横
  • 博多どんたく(1947年、大映京都) - ボラ八
  • 弥次喜多猫化け道中(1949年、東横) - 商人風の客
  • いれずみ判官(東横)
    • 桜花乱舞の巻(1950年)
    • 落花対決の巻(1950年)
  • 天保人気男 妻恋坂の決闘(1950年、東横)
  • 火の鳥(1950年、新演伎座
  • 女賊と判官(1951年、東横)
  • 消防決死隊(1951年、大映東京) - 放水長田中
  • 霧の夜の恐怖(1951年、大映東京) - ホテルの番頭大西
  • ひばりの子守唄(1951年、大映東京)
  • 馬喰一代(1951年、大映東京)
  • 毒蛇島綺談 女王蜂(1952年、大映東京) - 嵐三朝
  • 母子鶴(1952年、大映東京)
  • 怪談深川情話(1952年、大映京都) - は組の雁藏
  • 二人の瞳(1952年、大映東京)
  • 浅草物語(1953年、大映東京)
  • 或る女(1954年、大映東京) - 商人風の男
  • 浅草の夜(1954年、大映東京)
  • 浪曲天狗道場(1955年、大映東京)
  • 火の驀走(1955年、大映東京)
  • 幻の馬(1955年、大映東京) - 景正
  • 現金の寝ごと(1956年、大映東京)
  • 夜の河(1956年、大映東京) - 桜屋
  • 君を愛す(1956年、大映東京) - 副島龍蔵
  • 銀河の都(1957年、大映東京) - 馬場一作
  • 残月講道館(1957年、大映東京) - にぎりの銀次
  • 花嫁立候補(1957年、大映東京) - 鈴木
  • 暖流(1957年、大映東京) - 煙山弁護士
  • 母(1958年、大映東京) - 神主
  • かあちゃんは犯人じゃない(1958年、大映東京)
  • 巨人と玩具(1958年、大映東京) - 黒沢
  • 赤線の灯は消えず(1958年、大映東京) - 玩具工場主・仙造
  • 俺たちは狂ってない(1958年、大映東京) - 宮本安造
  • 不敵な男(1958年、大映東京) - 芳造
  • 共犯者(1958年、大映東京) - 番頭・大森
  • あなたと私の合言葉 さよなら、今日は(1959年、大映東京) - 伊藤営業課長
  • 夜の闘魚(1959年、大映東京)
  • 氾濫(1959年、大映東京) - 木瀬教授
  • 代診日記(1959年、大映東京)
  • (1959年、大映東京) - 刑事B
  • 野火(1959年、大映東京) - 兵隊1
  • 総会屋錦城 勝負師とその娘(1959年、大映東京) - 中気の男
  • 浮草(1959年、大映東京) - 木村
  • 女経(1960年、大映東京) - 庄平
    • 第三話 恋を忘れていた女
  • あゝ特別攻撃隊(1960年、大映東京) - 令子の父
  • 街の噂も三十五日(1960年、大映東京)
  • 東京の女性(1960年、大映東京)
  • 勝利と敗北(1960年、大映東京) - 平野
  • 歌行燈(1960年、大映東京)
  • 傷ついた野獣(1960年、大映東京) - 刑事・中村
  • 誰よりも君を愛す(1960年、大映東京) - 根本部長
  • おとうと(1960年、大映東京) - 借馬屋
  • 黒い樹海(1960年、大映東京) - 編集長
  • 三兄弟の決闘(1960年、大映東京)
  • 誰よりも誰よりも君を愛す(1961年、大映東京) - 田舎の医者
  • 北上夜曲 北上川の初恋(1961年、大映東京) - 小倉安吉
  • 新・人生劇場(1961年、大映東京) - たぬきの親父
  • 泥だらけの拳銃(1961年、大映東京) - 良作
  • 女房学校(1961年、大映東京) - 老運転手
  • 献身(1961年、大映東京) - 堀江
  • 家庭の事情(1962年、大映東京) - 不動産会社社員
  • 情熱の詩人 石川啄木(1962年、大映東京) - 桜井助役
  • 閉店時間(1962年、大映東京) - 警備員
  • かっこいい若者たち(1962年、大映東京) - 敬七爺さん
  • 真昼の罠(1962年、大映東京) - 園田
  • 秦・始皇帝(1962年、大映東京) - 太子丹の大伝・鞠武
  • やくざの勲章(1962年、大映東京) - 浜吉
  • 赤い水(1963年、大映東京) - 浅井書記
  • 風速七十五米(1963年、大映東京) - 川上
  • ぐれん隊純情派(1963年、大映東京) - 篠原院長
  • 巨人 大隈重信(1963年、大映東京) - 近江屋・質屋
  • 私を深く埋めて(1963年、大映東京) - 堺松吉
  • 「女の小箱」より 夫が見た(1964年、大映東京) - 重役B
  • 殺られる前に殺れ(1964年、大映東京) - 砂田三造
  • ど根性物語 銭の踊り(1964年、大映東京) - タクシー会社の社長
  • 獣の戯れ(1964年、大映東京) - 定次郎
  • 掏摸(1965年、大映東京) - おとなしやの吉
  • 無法松の一生(1965年、大映京都) - 宇和島屋老爺
  • 清作の妻(1965年、大映東京) - 浩三
  • 破れ証文(1966年、大映東京) - 西川富蔵
  • 大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン(1966年、大映東京) - あわじ丸船長
  • 若親分あばれ飛車(1966年、大映東京) - 土木課長
  • 東京賭博(1967年、大映京都) - 安次郎
  • ラーメン大使(1967年、大映東京) - 山川洋介
  • 女賭博師奥ノ院開帳(1968年、大映東京) - 流れ星の喜助
  • 関東女賭博師(1968年、大映東京) - 酒巻政治
  • 女賭博師さいころ化粧(1969年、大映東京) - 松沢

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『日本映画俳優全集 男優篇』 キネマ旬報社、1979年、521頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『芸能人物事典 明治大正昭和』 日外アソシエーツ、1998年、518頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『日本映画スチール集 日活多摩川編』 ワイズ出版、2001年。
  4. ^ a b c d e f g 『明治大正昭和 名優名人花形大寫眞帖』 講談倶楽部、1936年。
  5. ^ 湯浅憲明」の項を参照。