星南のぞみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

星南 のぞみ(せいな のぞみ、9月4日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する娘役。

滋賀県大津市[1][2]同志社女子高等学校出身[1][3]。身長162cm[1]。血液型A型[4]。愛称は「りさ」[1]

来歴[編集]

2010年、宝塚音楽学校入学。

2012年、宝塚歌劇団に98期生として入団[2][5]。入団時の成績は12番[6]宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台[1][2][3]

2013年、組まわりを経て雪組に配属[6][2][3]

2015年、早霧せいな咲妃みゆトップコンビ大劇場お披露目となる「ルパン三世」で、新人公演初ヒロイン[2][5][3]マリー・アントワネットを演じる[2][5][3]。同年放送のNHKドラマ「経世済民の男 小林一三」後編に出演[7]

2016年、「私立探偵ケイレブ・ハント」で2度目の新人公演ヒロイン[2][5][3]。本公演では2番手スター・望海風斗の恋人レイラ役に抜擢を受ける[5]

2018年、「義経妖狐夢幻桜」でバウホール公演初ヒロイン[8]

人物[編集]

子役などの可愛らしい役柄を演じることが多いが、実生活では長女[5]

3歳からバレエのレッスンを積み、趣味はスキューバダイビング[5]

宝塚ファンだった母と観劇した2007年雪組公演「エリザベート」で、宝塚の魅力に引き込まれ、夢中となる[3]

芸名の由来は、もともと星が好きだったため「星南」、希望を持つことができるよう「のぞみ」とつけた[9]

憧れの娘役は遠野あすか[9]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2012年4〜5月、宙組『華やかなりし日々』『クライマックス-Cry-Max-』(宝塚大劇場のみ)

組まわり[編集]

雪組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年5月、『凱旋門』前夜祭
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』

TV出演[編集]

広告・CM出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、79頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 弊社イメージキャラクター採用のご連絡樋屋製薬株式会社
  3. ^ a b c d e f g h i j 星南のぞみ 同期が刺激に“自分も頑張らなきゃ”スポニチインタビューより。
  4. ^ 『ザ・タカラヅカⅥ 雪組特集』阪急コミュニケーションズ、2014年8月1日、66頁。ISBN 978-4-484-14529-7。
  5. ^ a b c d e f g h i j ウィズたからづか 2016年11月号フェアリーインタビュー
  6. ^ a b 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、124頁。ISBN 978-4-484-14601-0
  7. ^ a b 【テレビ】NHK総合 『経世済民の男』 小林一三~夢とそろばん~”. 宝塚歌劇公式ページ (2015年6月18日). 2015年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月18日閲覧。
  8. ^ a b 男役10年目 攻めの視線、攻めの姿勢/朝美絢”. 日刊スポーツ. 2018年3月22日閲覧。
  9. ^ a b 『歌劇2014年10月号 短波長波』宝塚クリエイティブアーツ、2014年10月5日、59頁。
  10. ^ ~最高の舞台はいい眠りから~株式会社エアウィーヴホールディングス