星合八碩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

星合 八碩(ほしあい はっせき、1666年寛文6年) - 1692年元禄5年))は江戸時代囲碁棋士伊勢国の生まれ、本因坊道策門下、七段。小川道的佐山策元桑原道節熊谷本碩と共に道策五弟子の一人と数えられるが、わずか27歳で夭逝した。

8歳で碁を志し、津藩藤堂家からの預かり弟子として本因坊道策に入門。1679年(延宝7年)14歳の時にお目見え。1682年(天和2年)17歳で御城碁初出仕。その後計7局を勤めて6勝1敗。段位は六段とされていたが、当時道策は弟子の段位を実力より一子を下げていたと言われる。道策の跡目本因坊道的が没した翌年の1691年(元禄4年)に帰郷を許され、藤堂家お抱え碁士となったとも言われるが、翌正月に死去。道策より七段を追贈された。

棋譜は20数局が残されている。また御城碁出仕は、外家としての先例となっている。堅実で手厚い碁。

御城碁戦績[編集]

  • 1682年(天和2年) 先番4目勝 林門入
  • 1683年(天和3年) 白番3目勝 林門入
  • 1684年(貞享元年) 先番8目勝 安井知哲
  • 1685年(貞享2年) 先番中押勝 林門入
  • 1687年(貞享4年) 先番3目勝 井上道砂因碩
  • 1688年(元禄元年) 白番3目負 井上道砂因碩
  • 1689年(元禄2年) 先番5目勝 井上道砂因碩

参考文献[編集]

  • 小堀啓爾、高木祥一「夭逝した棋士たち(第7回 星合八碩)」(「棋道」誌1998年7月号)