星合志保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

星合 志保(ほしあい しほ、1997年4月16日 - )は、日本棋院東京本院に所属する囲碁棋士。二段。東京都出身。緑星囲碁学園を主宰する菊池康郎に師事。

経歴[編集]

囲碁を覚えたのは小学1年生の頃で、近所の公民館のような所で囲碁の会が開かれているのに兄が興味を持ち、それに続いて囲碁を始めた[1]。その後、2年生の時に兄とともに緑星囲碁学園で囲碁を学ぶようになる[1]。6年生時に出場した第30回少年少女囲碁大会では7位に入賞し[1][2]、こののち日本棋院の院生となる[1]。2013年2月、女流棋士採用試験本戦で6勝2敗の成績を残し試験に合格[3]、4月に15歳で入段。

2015年より、NHK杯テレビ囲碁トーナメントの読み上げを務める[4]。また、日本代表として第5回黄龍士双登杯世界女子囲棋勝抜戦に出場したが、ここでは中国代表の宋容慧五段に敗れた[1][5]

2016年、第20期女流棋聖戦では本戦準決勝まで進出(準決勝で宮本千春初段に敗退)[6]

2017年9月、勝数規定により二段昇段[7]

2018年、第5期女流立葵杯で本戦準決勝まで進出するが、挑戦者となった謝依旻六段に敗れる[8]。第22期女流棋聖戦では本戦2回戦まで進出(2回戦で謝依旻六段に敗退)[9]

2019年4月より、NHK杯テレビ囲碁トーナメントの司会を務めている[4][10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『碁ワールド 2015年8月号』日本棋院、60-61頁。
  2. ^ 第30回 文部科学大臣杯 少年少女囲碁大会全国大会 小学生の部 : トーナメント”. 日本棋院. 2019年4月27日閲覧。
  3. ^ 平成25年度女流棋士(特別)採用試験本戦”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年4月27日閲覧。
  4. ^ a b 囲碁トーナメント”. NHK. 2019年4月27日閲覧。
  5. ^ 第5回 黄竜士双登杯世界女子囲碁団体選手権” (日本語). 日本棋院. 2019年4月27日閲覧。
  6. ^ 第20期 ドコモ杯 女流棋聖戦” (日本語). 日本棋院. 2019年4月27日閲覧。
  7. ^ 【昇段】星合 志保二段に昇段” (日本語). 日本棋院. 2019年4月27日閲覧。
  8. ^ 第5期 会津中央病院・女流立葵杯” (日本語). 日本棋院. 2019年4月27日閲覧。
  9. ^ 第22期 ドコモ杯 女流棋聖戦” (日本語). 日本棋院. 2019年4月27日閲覧。
  10. ^ 本人による2019年2月25日のツイート” (日本語). 2019年4月27日閲覧。