星島一太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

星島 一太(ほしじま いった、【本名 ほしじま かずた】 1974年3月27日 - )は、岡山県岡山市出身のプロボクサー精神保健福祉士

精神保健福祉士としての活動[編集]

精神保健福祉士として精神科クリニックに勤務した後、独立開業。 家族社会学 を専攻としている。主にアルコール依存症薬物依存症ギャンブル依存症、買物依存症、恋愛依存症、リストカット摂食障害ひきこもり、家族問題等のアディクション問題において、テレビ雑誌等で多くのコメントを残している。早稲田大学名誉教授社会学者加藤諦三と共同で、日本初の試みとなる「パチンコパチスロ依存症予防・治療プログラム」を開発。女子ボクシング元日本フライ級初代チャンピオン八島有美と共に、精神医療ボクシングをとりいれた「ボクシング療法」を展開。

ボクサーとしての活動[編集]

岡山大学教育学部附属中学校岡山県立岡山朝日高等学校時代はハンドボール岡山県選抜として活躍。 50メートルを5秒台で走りぬく俊足と、1メートルを超えるジャンプ力で、次々と得点を重ねた。 その後、東京学芸大学に進学。関東リーグで活躍。全国教育系大学選手権では2度の優勝を経験した。 全国クラブチーム選手権では得点王を獲得。その後ドイツに渡りプロリーグに挑戦するが、夢叶わず帰国。

その後、ボクシングに転向し、25歳でアマチュアデビュー。7連勝(5KO)を記録した。しかし2連敗の後、引退。

31歳でカムバック。 初戦は島袋涼(ヨシヒロ)を相手に、2度のダウンを奪い、1R2分39秒、KOにて初戦を飾る。 第2戦の斉藤真也(新日本木村)戦では、持ち味の小気味いいフットワークを駆使し、出入りの激しいボクシングを展開。終止圧倒し、3-0の判定勝ち。

通算戦績2戦2勝(1KO)(石川ジム所属)

2008年、現役引退。