星崎入口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
星崎入口
Nagoya-expwy Hoshizaki.jpg
所属路線 名古屋高速3号大高線
IC番号 315[1]
本線標識の表記 星崎
起点からの距離 7.9 km(鶴舞JCT起点)
供用開始日 1979年7月25日
通行台数 32,560台/日[2](2012年度)
所在地 457-0068
愛知県名古屋市南区南野1丁目[3]
テンプレートを表示

星崎入口(ほしざきいりぐち)は、愛知県名古屋市南区にある名古屋高速3号大高線インターチェンジである[3]

概要[編集]

都心環状線方面の入口専用で出口はない[4]

国道23号国道1号を連絡する愛知県道36号諸輪名古屋線沿いに設置されているが、36号交差点から少し奥まった所にある[5]

道路[編集]

料金所[編集]

都心環状方面[編集]

  • レーン数:3[6]
    • ETC専用:1
    • 一般:2

歴史[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

名古屋高速3号大高線
(304,314)笠寺出入口 - 星崎TB - (315)星崎入口 - (308 318)大高出入口

脚注[編集]

  1. ^ 『名古屋高速道路案内地図 Access Guide Map』名古屋高速道路公社経営企画部、平成27年6月版 および裏面の「名古屋高速道路案内図」(入口番号、路線名、距離、出入口方向等を記載)
  2. ^ 料金徴収を行う星崎本線料金所における通行台数(本線通行車両を含む合算値)
  3. ^ a b 名古屋高速道路公社 1980, pp. 80.
  4. ^ 名古屋高速道路公社 1980, pp. 54.
  5. ^ 名古屋高速道路公社 1980, pp. 84.
  6. ^ ETC対応料金所一覧” (日本語). 名古屋高速. 2015年12月29日閲覧。
  7. ^ 名古屋高速道路公社 1980, pp. 5 - 6.
  8. ^ 名古屋市道路線認定図” (日本語). 名古屋市緑政土木局路政部道路利活用課. 2015年12月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 名古屋高速道路公社 『名古屋高速大高線円上・大高間工事誌』、1980年。 

関連項目[編集]