りつこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

りつこ7月19日[1][2] - )は、元宝塚歌劇団専科の男役スター[2][3][4]

神奈川県横浜市[2][3]アメリカンスクール出身[2][3]。身長173cm[1][3]。愛称は「マギー」、「りっちゃん」[2]。宝塚歌劇団時代の芸名は星条海斗(せいじょう・かいと)[3][4]

来歴[編集]

1998年、宝塚音楽学校入学。

2000年、宝塚歌劇団に86期生として入団[1][2]。入団時の成績は17番[5]花組公演「源氏物語 あさきゆめみしザ・ビューティーズ!」で星条海斗として初舞台[1]。その後、月組に配属[1][2]

2006年、「暁のローマ」で新人公演初主演[1][2]

2015年7月27日付で専科へと異動[1][2][6]

2016年、月組「FALSTAFF」でバウホール公演初主演[6][7][1][2]。入団17年目での抜擢となった[6]

2018年6月17日、真風涼帆星風まどかトップコンビ大劇場お披露目となる宙組天は赤い河のほとりシトラスの風」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[1][2][1]

退団後はりつこと改名し、ヤムナメソッドのセルフケアを追求し、ヤムナクラスを開講[1]。また退団翌月の自身の誕生日に結婚し、翌年6月に第一子となる男児を出産している[4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

月組時代[編集]

専科時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2015年8月、星条海斗ディナーショー『Flügel』 主演
  • 2017年4月、星条海斗ディナーショー『MASQUERADE』 主演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q りつこプロフィールritsuko.yamuna
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “宙組初出演「一番好きなショー」で卒業/星条海斗”. 日刊スポーツ. (2018年4月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201804120000407.html 2020年6月11日閲覧。 
  3. ^ a b c d e タレントプロフィールページりつこドットビット株式会社
  4. ^ a b c “元男役「星条海斗」第1子長男を出産「類稀なる超安産」”. デイリースポーツ. (2019年5月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/02/0012295576.shtml 2020年6月11日閲覧。 
  5. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、112頁。ISBN-9784484146010
  6. ^ a b c d e f “17年目初主演は異色キャラ大酒飲みで好色/星条海斗”. 日刊スポーツ. (2016年10月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/1726753.html 2020年6月11日閲覧。 
  7. ^ a b “宝塚歌劇団月組が10月バウホールで「FALSTAFF」、主演は星条海斗”. ステージナタリー. (2016年3月22日). http://natalie.mu/stage/news/180634 2016年3月23日閲覧。