星蘭ひとみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

星蘭 ひとみ(せいら ひとみ、5月26日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する娘役。

東京都港区[1]学習院女子高等科出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「せーら」、「まゆ」[1]

来歴[編集]

2013年、宝塚音楽学校入学。

2015年、宝塚歌劇団に101期生として入団[2][3][4]。入団時の成績は37番。月組公演「1789」で初舞台[1]。その後、星組に配属[2]。同年放送のNHKドラマ「経世済民の男 小林一三」後編に出演[5][2][3]。総勢14名のタカラジェンヌで、初期の宝塚歌劇の舞台を再現した[5]

圧倒的な美貌を誇り[4]、2017年、「ベルリン、わが愛」で新人公演初ヒロイン[6]。入団3年目での抜擢となった[6][3]

2018年、「ANOTHER WORLD」で2度目の新人公演ヒロイン[7][3]

2019年12月23日付で専科へ異動となる[2][3][4]。ベテランが中心のスペシャリスト集団・専科に入団5年目の若手娘役が異動するのは極めて異例[3][4]の人事であり[3]、専科異動後は映像を中心に出演する[2][3][4]予定。 現役のタカラジェンヌが、舞台外での活動を前提として異動するのも近年では異例[2]のこととなる[2][4]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

専科時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』

TV出演[編集]

脚注[編集]