星輝ありさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ありさ
基本情報
階級 フライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1995-10-13) 1995年10月13日(24歳)
出身地 千葉県船橋市
身長 167cm
体重 50kg
スタイル シュートボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 2
勝ち 1
KO勝ち 1
敗け 1
テンプレートを表示
星輝 ありさ
Arisa Hoshiki
プロフィール
リングネーム 星輝 ありさ
ニックネーム SHiNiNG STAR
身長 167cm
体重 52kg
誕生日 (1995-10-13) 1995年10月13日(24歳)
出身地 千葉県船橋市
スポーツ歴 シュートボクシング
バスケットボール
バレーボール
トレーナー 風香
デビュー 2011年1月23日
岩谷麻優
テンプレートを表示

ありさ1995年10月13日 - )は、日本の女子シュートボクサー、女子プロレスラー。シュートボクシングにおいてはシーザージム新小岩所属、プロレスにおいてはスターダム所属。2012年6月までスターダムに所属するプロレスラーであったが引退し、2018年11月23日に行われたスターダム後楽園ホール大会にて6年半ぶりに現役に復帰した。

所属[編集]

来歴[編集]

2010年
  • シュートボクシングの練習生として、キッズ部準優勝、さらに2010年9月26日に行われた第11回全日本ライトアマチュアシュートボクシング選手権東京大会優勝[1]とアマチュアで実績を残す。シュートボクシングのジムで風香に誘われ、プロレスの練習もはじめる。
2011年
  • 1月23日、新木場1stRINGで開催された「スターダム旗揚げ戦 〜Birth of nova 新星誕生!〜」にて当時中学生でデビュー。同じくデビュー戦となる岩谷麻優と対戦し、7分4秒ブラジリアンキックを決めて片エビ固めで白星デビュー[1][2]
  • 2月22日、旗揚げシリーズ開幕戦で高橋奈苗の「情熱注入シリーズ」第1戦の相手となるが、冷蔵庫爆弾を受け敗戦。
  • 2月27日、愛川ゆず季と初タッグで夏樹☆たいよう&世IV虎と対戦するも、夏樹のムーンサルトプレスを受け敗戦。
  • 4月3日、高校進学後最初の試合として、大阪で須佐えりと高校生対決。1399を決めて勝利。
  • 4月10日、旗揚げシリーズ最終戦にて愛川と初シングル。ゆずポンキック・ブルーを食らい片エビ固めに屈する。
  • 4月24日、愛川・岩谷との団体初の3WAY戦を制する。
  • 7月24日の後楽園大会では岩谷麻優とタッグチーム「女-AMA-」を始動し、須佐えり・鹿島沙希組と対戦。星輝の1399から岩谷がダイビングボディアタックで須佐をフォールし初戦を飾る。
  • 10月10日開幕の「GODDESSES OF STARDOM争奪タッグリーグ戦」出場チームに「女-AMA-」が抜擢される。初戦の夏樹☆たいよう・世IV虎組(川崎葛飾最強伝説)との対戦では、ブラジリアンキックからの新技スタンディング・ダブルニーで世IV虎からフォールを取るアップセットを演じる。しかし残り2戦には敗れ、タッグベルト奪取には至らず。
  • 12月11日の「新人王決定トーナメント」では準決勝で美闘陽子を破るも、決勝で世IV虎に敗れ準優勝に終わる。
  • 12月23日の大阪大会では「ワンダー・オブ・スターダム王座」選手権試合として愛川ゆず季に挑戦する(初のタイトルマッチ)も、シャイニング・ゆザードに沈み、タイトル奪取はならず。
2012年
  • 5月下旬よりスターダムの試合を欠場。
  • 6月24日、風香GMより、「学業への専念」を理由に同日付での休業を発表[3]
  • 6月25日、本人のブログにて正式に引退を発表。
2014年
  • 7月17日に8月2日開催の『Girls S-cup 2014』でシュートボクサーとしてプロデビューすることが発表された[4]
  • 8月2日、『Girls S-cup 2014』のオープニングファイト第2試合で後藤まき(RIKIX)と対戦。1Rに左ストレート、2Rに左フックでダウンを奪い、2R53秒レフェリーストップによるTKO勝ちでデビュー戦を飾った[5][6]
  • 11月30日、『S-cup 2014』のオープニングマッチ第2試合でUnion朱里(名古屋GSB)と対戦。1Rに左ストレートでダウンを奪われ、判定0-3で初黒星を喫した。
2018年
  • 9月24日にスターダム復帰を発表。
  • 11月23日の後楽園ホール大会にて、「女-AMA-」を再始動となる岩谷麻優とタッグを組み、ブラジリアンキックで復帰戦を勝利。
2019年

タイトル歴[編集]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
2 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
1 1 0 0 0 0
1 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× Union朱里 2分3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING S-cup 2014 2014年11月30日
後藤まき 2R 0:53 TKO(パンチ連打) SHOOT BOXING Girls S-cup 2014 2014年8月2日

得意技[編集]

ブラジリアン・キック
1399(いちさんきゅうきゅう)
コーナー最上段からジャンプし、空中でブラジリアンキック気味に右足で相手の左側頭部を蹴る。
シャイニング・ニー
ジャンピングダブルニーアタックのまま、両膝で相手の両肩を押すようにのしかかり、そのまま倒してフォールを取る。
ADAMAS
コーナートップに後ろ向きに乗り、そこから旋回式にジャンプしてのボディプレス。2019年のシンデレラトーナメントにて初披露。
ダイヤモンド・バスター
変形アバランシュ・ホールド。主にADAMASへの繋ぎとして使用される。
シャイニング・インパクト
飛び膝蹴りからコンビネーションで最後はランニングニー・バットで相手の顔面に決める技。
SSC(シャイニングスターカッター)
オス・カッターと同型。ウィル・オスプレイ直伝・命名。

入場テーマ曲[編集]

メディア[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]